Jリーグとプロ野球が強力タッグ!「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立

写真拡大

先月末に開幕した2020シーズンの明治安田生命J1リーグ。

開幕戦ではアンドレス・イニエスタ(神戸)のこんな“神技”も飛び出したが、新型コロナウイルスの拡大を受け第2節以降は延期されることが決まった。

さらに公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2日、一般社団法人日本野球機構(NPB)との共同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立することを発表した。

この会議は、新型コロナウイルスの感染状況を的確に収集・分析し、試合の開催や運営、感染防止などの情報を共有することや、日本におけるスポーツ界全体の対応力強化を目指すというもの。

公式の設立日となる3日(火)に第一回の会議が行われ、3月中旬をめどに意見書を取りまとめる予定だという。

会議にはJリーグから村井満チェアマンほか12名(JFAからの3名含む)、NPBからコミッショナーとプロ野球12球団の代表者、医学部で教授を務める専門家チームの3名が参加する予定となっている。

【関連記事】「実は野球経験者だった!往年の有名サッカー選手たち」

村井チェアマンは、「このような時期に日本を代表するプロスポーツ団体としてNPBとJリーグが連携して、それぞれが経験や知見を持ち寄り、情報共有することが重要かつ有効と判断し、この連絡会議の発足に至りました。(中略)この連絡会議で得られた情報は広くスポーツ界全体に公開させていただき、数多くのスポーツ団体の皆様の手助けができれば幸いです。」と語っている。