凸版印刷とTISは3月2日、横浜市内の飲食店116店舗を対象にした訪日外国人観光客向け予約サービス「旅道グルメガイドin横浜」の実証実験を、3月2日〜3月27日に実施することを発表した。

「旅道グルメガイドin横浜」のTOP画面(左)、店舗情報画面(中)、経路案内画面(右)

実証実験が行われる「旅道グルメガイドin横浜」は、凸版印刷が提供する「旅道OEM」と、TISが開発した飲食店予約システムを連携させて開発した、訪日外国人観光客向け飲食店予約サービスを提供するWebサイト。

訪日外国人観光客の飲食店予約の利便性向上と、予約情報の適切な管理・活用による新たな観光客向けサービスの開発を目指すもので、訪日外国人の飲食店予約の際のコミュニケーション課題を解決するため日本語・英語の2言語に対応し、今後はニーズに応じてさまざまな言語を追加することも可能だという。

また、利用者は店舗に電話をかけることなく、必要事項を入力するだけで予約が可能。店舗側は、入力された情報を電話の自動音声で受けることが可能で、言語の違いによるコミュニケーションの課題を解消するという。

「旅道OEM(WEB版)」のスポットデータ表示機能と経路探索機能を活用することで、横浜市内116店舗(和食、イタリアン、居酒屋など)の飲食店情報と現地までの経路を案内できるという。また、予約だけでなく、飲食店までの行き方が分からない訪日外国人観光客のスムーズな来店を支援するとしている。