Surface Duoは2020年の年末商戦にあわせて発売される予定でしたが、それが大幅に前倒しされ、今夏にも発売される可能性が報じられました。

Surface Duo発表時の発売予定時期を見直し

2019年10月に発表されたSurface Duoは、電車内で実地テストを行っている様子も撮影され、今後数カ月をかけた製品テストを行うのだろうと思われていました。しかし、実際は既に開発の最終段階にあるようです。
 
Windows Centralが関係筋から得た情報によると、Microsoftは当初発表した発売時期を前倒しし、今夏には発売したいと考えているようです。

Surface Duoの予想スペック


 
Surface Duoはシステム・オン・チップにSnapdragon 855を採用、ベースモデルは6GB RAMに64GBのストレージの組み合わせとなるようです。RAMとストレージをアップグレードしたモデルも用意されるようですが、システム・オン・チップは全てのモデルがSnapdragon 855のままです。
 
Qualcommは既に、Snapdragon 855の後継製品であるSnapdragon 865を出荷しており、搭載製品も登場しています。また、Surface Duoはモデムチップも5G対応製品ではないようです。今後登場するスマホはiPhone12も5G対応が噂されるなど、年末商戦時期にはタブレットも含めた多くの5G対応製品が登場していると思われます。

2018年に最新スペックの製品として発売される予定だった


 
Surface Duoの開発は2016年に始まり、2018年に発売される予定でした。その通りに発売できていれば、最新のシステム・オン・チップを搭載した製品だったでしょう。
 
ハードウェア完成後、それにあわせたOSのカスタマイズとソフトウェアの開発が計画通りに進まなかった結果、発売予定も大幅に遅れてしまったようです。そのソフトウェア開発も、4月上旬の完成に向けた最終段階にあります。
 
Microsoftは、Surface Duoの開発状況と市場動向を踏まえ、発売時期を早める考えのようです。関係筋も「今夏には数量限定ながら出荷が開始される」と伝えています。
 
 
Source:Windows Central via 9to5Google
Photo:Microsoft
(FT729)