マジョルカでのプレー経験を持つ大久保嘉人とマジョルカでプレーする久保建英【写真:高橋学 & Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

2005年からマジョルカで1年半プレーした大久保、リーガ下位クラブの難しさを語る

 15年の時を経て、自身と同じスペインのマジョルカでリーガ・エスパニョーラ1年目のシーズンに挑む“後輩”のプレーを、どのように見ているのか――。

 今季からJ2リーグの東京ヴェルディに移籍した元日本代表FW大久保嘉人にこう問うと、自らの経験談を交えながら、日本代表MF久保建英への思いを明かしてくれた。

 J1リーグ歴代1位の通算185ゴール、2013年から15年まで史上初の3年連続得点王を獲得するなど、大久保は日本のサッカー史を彩るストライカーとして、その名を刻んでいる。だが、そのキャリアは決して順風満帆だったわけではない。思うようにゴールを奪えず、苦しい時間を過ごすシーズンもあった。

 プロ20年目に突入したキャリアを振り返った時、大久保は自らのプレースタイルに最も大きな影響を与えたのは、22歳で初の海外移籍を果たしたマジョルカ時代だったと語る。

「スペインから帰ってきた頃からプレースタイルは変わりました。やっぱり考えるようになったというか、よりパスも出すようになったし、スペースを空ける動きだったり、そういうプレーを以前よりも出すようになりました。そうしないと、たぶん(自分が)ダメになるだろうなと」

 セレッソ大阪でプロデビューを果たした大久保は、2005年1月からマジョルカに1年半在籍し、リーグ戦通算成績は39試合5得点。途中出場も多く、またチームも04-05シーズンは17位、05-06シーズンも13位と下位に低迷するなかで、難しさもあったという。

「やっぱり、中盤でパスをつなごうとはあまりしないですね。前に背の高い選手を置いたり、サイドに速い選手を置いたりして、カウンターで解決するようなサッカーをする。だから、なかなか中盤でゲームを作ることはしないし、特にアウェーは勝利ではなく引き分け狙いになるから、(アタッカーにとっては)本当に難しい」

 もっとも当時の経験が自らの糧になったのは間違いなく、2017年にFC東京で久保とチームメートになった際には、16歳でJ1リーグデビューを果たした若きレフティーにアドバイスを送っていた。久保が今年1月、リーガ公式のインタビューで「(大久保が)リーガはとても難しいけど、とても素敵な経験だったと言っていた」と、当時のエピソードを明かして話題となったが、大久保本人は「話はしましたよ。どんな内容だったかは、あまり覚えてないですけど……」と振り返る。そして久保のマジョルカでのプレーを見ているという大久保は、その印象を次のように話している。

守備に追われる下位クラブの宿命 「本人もちょっともどかしいんだろうなと…」

「マジョルカが(久保の能力を)生かしきれていないですよね。弱いから、やっぱり守備に追われる時間が長い。それでも建英が試合途中から出たりしたら、ガラッとチームのサッカーが変わる。建英にボールさえ入れば打開できるのは明らかで、だからこそ、本人もちょっともどかしいんだろうなと、見ていて思いますよ」

 スペイン1部の下位クラブで戦う難しさは、大久保自身がよく分かっている。それを身をもって知るからこそ、18歳で苦しみながらもインパクトを残す久保への賛辞を惜しまない。

「あれだけ技術的な上手さがあり、ドリブルも凄くて局面を打開できる。何より自分の頭でしっかり考えながらプレーできているのが、あの若さで凄いと思いますよ。メンタル的にも強いし、どんな時でも“自分”を持っている。それがプレーに自信をもたらしているんだと思います」

 自らのプレースタイルを崩さず、類稀な才能をスペインでも発揮する久保に可能性を見出す大久保は、「周りが上手いチームでこそ、建英は生きる」と断言。保有元であるレアル・マドリードへのレンタル復帰を含めて、来季のステップアップに期待を寄せる。

 だからこそ、今季の久保に要求したいのは「とにかくチームを残留させる」こと。欧州トップレベルでは、何よりも“結果”が求められることを知る大久保だからこそ、久保がシーズン終盤戦で残留争いを演じるマジョルカの“救世主”となることを願っていた。(Football ZONE web編集部・谷沢直也 / Naoya Tanizawa)