コロナの発生源に新説登場

写真拡大

 中国における科学研究において最も権威がある中国科学院の研究チームは新型コロナウイルスの発生源について、「これまで言われているような湖北省武漢市の武漢華南海鮮市場ではない可能性がある」との研究成果を発表した。

 研究チームでは、集めた93のウイルスの遺伝子データを解析、複数のタイプが見つかり、それぞれの拡散状況を検討したところ、ウイルスは、他の場所で発生して、その後、武漢市の海鮮市場で拡散した可能性があるとしている。つまりウイルスは市場外から来た人によって市場内に持ち込まれて、結果的にウイルスが市場内で増殖し市場を訪れた多くの人々に感染したというのだ。

 この新説は中国科学院傘下の中国脳研究協会のHPに掲載されている。

 研究チームによると、新型コロナウイルス自体は11月下旬から12月初めに、市場を訪れた人によって持ち込まれ、他の市場関係者に感染したものとみられる。その後、12月8日と1月6日に、多数の人々が市場を訪れたことで、新たな感染者が急増した。

 それらの人々が武漢市内の居住地に戻って、彼らと濃厚接触した家族らが新たにウイルスに感染し、新型肺炎を発症したという。

 研究チームのリーダーである余文斌博士は「中国国立疾病管理予防センターが1月6日に新しいコロナウイルスに関するレベル2の緊急警報を発したが、情報は広く共有されていなかった」との新事実を明らかにしている。そのうえで、余氏は「警告が注目を集めていたら、1月中旬から下旬の中国や、その他の国々での感染者は劇的に減っていたはずだ」と指摘している。