会心のゲームで勝ち取った優勝。笑顔のU-17日本代表イレブンとスタッフたち

写真拡大

[2.29 JENESYS青少年交流大会決勝 U-17日本代表 7-0 U-19東ティモール代表 指宿いわさきホテルサッカー場]

 U-17日本代表が7-0で優勝! ASEAN 4か国(カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー)と東ティモールのU-17からU-19代表、U-17日本代表、鹿児島県選抜U-18、鹿児島ユナイテッドFC U-18の計8チームが優勝を争った「JENESYS2019 青少年サッカー交流大会」(鹿児島県指宿市)は29日、順位決定戦を行った。グループA1位のU-17日本代表とグループB1位のU-19東ティモール代表が決勝で激突。U-17日本代表がMF松木玖生(青森山田高)の先制ゴールなどによって7-0で勝ち、全勝優勝した。

 日本は前半4分、FW福田師王(神村学園中)の折り返しに松木が身体を投げ出して飛び込み、先制点。さらに5分には、MF豊田晃大(名古屋U-18)が左足ミドルを鮮やかに決めて2-0と突き放す。

 相手のスピードある選手に背後を取られるシーンやCKから決定機を作られた日本だが、MF藤原健介(磐田U-18)のスーパークリアなど無失点のまま試合を進める。そして21分には、豊田の奪い返しからFW真家英嵩(柏U-18)が右足で3点目。27分にも松木の右CKをCBチェイス・アンリ(尚志高)が豪快ヘッドで叩き込み、代表初ゴールを奪う。

 U-17日本代表は前半40分にも右SB清水和馬(静岡学園高)と藤原、豊田が絡む形で右サイドを崩し、最後はMF東廉(清水ユース)が右足で5点目を決めた。ハーフタイムに船越優蔵監督から「やり続けること」「絶対に満足しないこと」「クオリティーを上げること」を求められた選手たちは、後半も切り替えの速い守備と、相手を見ながら素早く正確にボールを動かすことをやり続ける。

 そして10分、豊田のインターセプトを起点とした攻撃から真家が右足で2点目のゴール。さらに24分には、交代出場MF青木俊輔(東福岡高)のラストパスから藤原が決めた。ピンチや甘さの出たプレーが幾度かあったものの、ゲーム主将のCB波本頼(金沢U-18)やGK高橋一平(神戸U-18)を中心にピッチに立った選手たちがやるべきことを徹底して無失点。今大会のベストゲームと言える内容、結果で4日間の大会を締めくくった。

(取材・文 吉田太郎)