画像はイメージです

写真拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本では大小様々な興業・イベントが中止となっている。プロ野球の世界も例外ではなく、2月29日〜3月15日にかけて開催が予定されていたオープン戦全72試合が全て無観客試合として行われることになった。

 レギュラーシーズンに負けず劣らず、例年多くの観客が訪れるオープン戦。これが無観客となったことで各球団はチケット代をはじめとした収益を失うことになってしまった。ただ、もちろん全球団が同じような損失というわけではなく、動員数の多い球団ほどより損失が大きくなる。

 それでは、全12球団の中で特に動員数の多い、損失の大きい球団は一体どこなのか。ここでは、昨年のオープン戦における各球団のホームゲームの観客動員数を元に、今年のオープン戦における予想観客数を算出。その数字に「チケット代2000円+飲食代1000円」と仮定した客単価「3000円」をかけ、予想損失額が大きくなった球団のトップ3を挙げてみたい。

 全12球団の中で、3番目に予想観客数が多かったのは中日。中日は昨年のオープン戦で15試合をホームゲームとし、「合計31万5886人/1試合平均21059人」を記録した。今年のオープン戦ではホームで10試合を行うため、昨年と同じ客足ならば「21万590人」もの観客が球場に来ていたと予想。これに客単価3000円をかけた予想損失額は、「6億3177万円」となる。

 その中日を上回り、2番目に予想観客数が多い球団となったのは巨人。巨人は昨年のオープン戦でホーム8試合を行い、「合計197417人/1試合平均28202人」をマーク。今年のオープン戦でのホーム試合数は8試合と中日より少ないが、平均観客数の差により「22万5616人」と予想来場者数では上回る結果に。客単価3000円をかけた予想損失額も「6億7684万8000円」と中日より4000万以上高額となる。

 そして、最も予想観客数が多かったのはソフトバンク。昨年のオープン戦ホーム12試合で「合計369690人/1試合平均30808人」を記録したソフトバンクは、全12球団の中で唯一1試合平均が3万人を超えたチーム。そのため、9試合をホームとする今年のオープン戦でも「合計27万7272人」と、2位以下に大差をつける予想観客数に。客単価3000円をかけた予想損失額も「8億3181万6000円」と、2位以下に大差をつける金額になると予測できる。

 以上がオープン戦無観客による予想損失額の多い球団トップ3だが、今後新型コロナの影響がレギュラーシーズンにまで及べば、各球団の損失はオープン戦とは比べ物にならないほど膨れ上がることは間違いない。とにもかくにも、一刻も早い終息を願うばかりだ。

文 / 柴田雅人