名古屋港水族館(名古屋市港区)といえば、巨大なシャチの水槽で有名だ。

ツイッターでは、このシャチの鳴き声が一番よく聞こえるスポットが話題になっているが、みなさんはそれがどこだか分かるだろうか。

館内で一番シャチの鳴き声が聞こえる秘密の場所――それは「トイレ」だ。


なぜ...(画像はうちゃか@sayakaiuraniさん提供)

よりにもよって、なぜトイレ。しかしツイッターユーザーのうちゃか(@sayakaiurani)さんが投稿したトイレ内の貼り紙には、しっかりとそう書かれている。しかも小さく、

「ちなみにシャチたちにもあなたの音がよく聞こえています...」

と書かれている。マジか...。

ツイッターではこの貼り紙に対して、

「鳴き声聞きたくて、ずっと座っていたくなるなww」
「シャチはトイレで唸る人の声を一番聞いてるわけか...」
「きばれない」

といった声が寄せられている。過去にはトイレで収録した音声(動画)を投稿するユーザーもおり、シャチの鳴き声がはっきりと聞こえる。

いったいなぜトイレがシャチの特別スポットになってしまったのだろうか。Jタウンネットは2020年2月26日、名古屋港水族館のシャチの飼育担当を取材した。

「退屈しないように」

シャチの飼育担当によれば、貼り紙は2019年2月上旬から、北館2階の入り口付近にあるトイレに掲示してある。男女のトイレでシャチのイラスト(目の部分)が少し違っているとのことだ。

このような貼り紙をした理由について、発案者の1人であるという担当者は、

「入ってすぐのトイレなので利用率が高く、待ち列ができてしまうことがあります。そこで退屈しないようなことができないかなということで掲示しました」

と話す。トイレはコンクリートを挟んで向かい側がシャチのプールとなっており、BGMや来館者の話し声がする通常の観覧場所よりも、鳴き声が聞こえやすくなっているとのことだ。

シャチは全部で3匹。機嫌がいい時はBGMのように穏やかな声で鳴いているが、悪い時は殺伐とした感じの声で鳴いているとのこと。特に悪い時の声はまれだが、それは素人でもわかるほど鬼気迫るものだという。

ただ、必ずしもずっと鳴いているわけはないので「長居はしないようにお願いしたい」とのことだ。

耳が良いシャチ、トイレの音がすると...

ここでもう一つ気になるのが「自分たちの音もシャチに聞こえている」ということ。これについて担当者に聞いてみると、

「本当です。シャチは耳が良いので、以前はトレーニング中でもコンクリート越しにトイレの音がする方向を見に行くことがありました。最近は音にも慣れたので、見に行くことはあまりないです」

とのこと。ちなみにプール内にいるダイバーには聞こえていないため、「シャチたちがあまり気にならないように、普通に用を足していただけたら」と担当者は話している。