韓国政府が全力で対策、それでも感染が拡大した理由

写真拡大

韓国・ソウルを走る地下鉄の車両内(2020年2月27日、写真:Lee Jae-Won/アフロ)


(平井 敏晴:韓国・漢陽女子大学助教授)

 ソウルの街が閑散としている。

 私が住んでいるところは、ソウルの南端にある住宅街だ。都心での仕事を終えた会社員たちが酒をあおってくだを巻く飲み屋街があって、その一角には中高年をターゲットとしたナイトクラブがネオンをギラギラさせている。ところが先週あたりから、昼夜を問わず、人影がずいぶんと薄い。

 つい最近(2月25日)、昼食をとりに自宅近くにある食堂に行った。1人4000ウォン(約360円)あれば腹いっぱいになる上に料理は全部手作りで、これが旨い。普段なら並んで待って店に入るのだが、空席があってすぐに入れた。店主に聞いたところ、やっぱり新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増え出してからは客足が鈍くなって、この日はざっと普段の半分くらいだという。

 その日の午後は久しぶりに、江南にある行きつけのカフェに顔を出してみた。最近韓国ではフランスのお菓子であるカヌレが静かな人気を呼んでいて、そのカフェもカヌレが売りだ。普段なら午後2時半を過ぎると席がいっぱいになって入れない人も続出する。特に2月の後半は新学期を間近に控え、冬休みの最後を楽しむ大学生たちで賑わうはずなのだが、4時を過ぎても空席が目立つ。ここもやはり新型コロナの影響だとか。私が、今年の秋に出す予定の本の原稿を構成していたところ、オーナーは手持無沙汰なのか、薫り高い紅茶をサービスしてくれた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

政府は対策に全力を挙げていたが・・・

 韓国では2月中旬までは感染者数が抑えられていた。だが、2月19日に20人増えたと報じられると、翌20日には53人が新たに確認され、それ以降あれよあれよという間に増えている。

 そんな風になる前から、韓国政府は国民一人ひとりに対策を促していた。手を洗い、消毒剤で消毒をするよう勧告し、また、マスクの着用も訴えていた。

 3月2日に始まる予定だった新学期も、幼稚園から大学まで例外なく1〜2週間遅らせることが決められた。ソウルや釜山で開かれる予定だった大型イベントや国際会議、シンポジウムなどは2月上旬あたりからことごとくキャンセルされ、私の知り合いのなかには、シンポジウムでせっかく韓国に来たものの突然キャンセルとなり、何もせずに日本に戻った研究者もいる。

 だが、それだけやっていても、感染拡大は起きてしまった。

 その発端が新興宗教の集会だったというのは、政府としては迂闊だったし、私自身もまったく想定できていなかった。それも1000人規模の集会だという。それにしても世間で公式行事がキャンセルされているときに、集会だか礼拝だかは知らないが、そんな風にして大勢の人が集まるものなのか。そこに私はただただ驚嘆するばかりだった。私の韓国経験はまだまだ未熟ということなのだろう。ともかくこうした集会は、ウイルス感染の恐れがあるときは恐ろしい。そのことは後段で話す。

「公共交通機関ではなく自家用車で移動を」

 感染拡大の震源地は韓国南部、大邱(テグ)市と慶尚北道だった。日本では韓国全体の感染者数のみが報じられる傾向にあるようだが、感染の中心地は大邱と慶尚北道である。2月27日午前10時での感染者数は韓国全土で1595名だが、大邱と慶尚北道だけで1338人に達する。

 また、韓国全土の感染者のうち半数ほどが、大邱で集会を行っていた新興宗教の信者であるという。ということは、大邱と慶尚北道では信者を介して多くの人への感染が広がっていると考えてよい。

 感染拡大がはっきりと認識されるようになった時点で、政府や自治体は急遽対応にあたった。感染者が800人に達した2月24日には、子どもたちが通う塾や予備校もその日から1週間、全国で一斉に休講措置が取られた。

 また、韓国では大気汚染が深刻なのに、自家用車の使用も勧められるようになった。つまりは、空気が悪くなるのはこの際仕方ないから、地下鉄やバス、あるいはタクシーにもできるだけ乗るな、そうすれば、他人と顔を合わせることはないだろう、というわけだ。

韓国ならではの食事の習慣

 飲食店で他人と過ごすのはもっとシビアだ。2月26日付の東亜日報によれば、仁川医療院が作成した資料では、食事の際には「テーブルに座るときには他の人と1メートルの間隔を維持し、正面は空席にしておくように」とあるそうだ。つまり、4人テーブルであれば、対角線上に座るようにとの助言である。その上「食事の間は会話を禁止し、食事が終わったら速やかにマスクを着用すること」が必要だという。

 こうなると、韓国の飲食店は大打撃を被るほかない。なぜならば、1つの皿を幾人もでつつき合う習慣があるからだ。最近、日本でも、韓国の中高生がおやつとして好む餅のピリ辛煮「トッポッキ」や、「ソルビン」と呼ばれる韓国風かき氷の知名度が高まっているが、それらも同様だ。ケーキも大きめだが、それは何人かでつつくことが多いからだ。「チゲ」と呼ばれるスープ料理でも、外国人がいるときは取り皿を使うこともあるが、韓国での流儀は自分のスプーンをそのままチゲ鍋に突っ込む。つつき合いは、日本ではお新香を家族で食べる時などごく限定的な場面でみられるが、韓国では日常茶飯事なのだ。

 つつき合う文化は、普段であれば、仲間同士であるという意識を共有させ、韓国人のコミュニケーションを円滑化させるのに役に立つ。私もそれを楽しんでいる者の1人だ。

 だが、みんなが自分の箸やスプーンで同じ食べ物をつついて食べていたら、当然、ウイルスは伝搬しやくなる。

宗教団体の集会を続けさせたのは大失敗

 韓国の政府や自治体は、新型コロナに対してきめ細かな対応をしていたと思う。そこは評価すべきだ。だが、その一方で、宗教団体の集会をそのまま続けさせていたというのは、批判されても仕方がない。

 大統領が各宗教の指導者を招聘して懇談会をするように、韓国では宗教団体が政府や自治体の関係者や政治家と何らかの関係を持つことは珍しくない。そうである以上、政治家は宗教団体の日頃の行動パターンは知っているはずである。

 そういえば、私の自宅からほど近い宗教施設でも、新型コロナの感染者が出たという。感染したのは副牧師で、感染したと思われる日以降に1000人規模だか2000人規模で礼拝を行っていたのだという。ということは、私の住む地域も、そのうち感染者が続出することは、覚悟しておいた方がよさそうだ。この10日くらいが山場になるはずだが、そうならないことを祈るばかりだ。

筆者:平井 敏晴