松本が當間建文の現役引退を発表「ここまで13年サッカーを続けられた事に感謝しています」

写真拡大

 松本山雅FCは28日、昨季まで在籍したDF當間建文が現役を引退することを発表した。

 2007年に鹿島アントラーズに入団した當間は、栃木、山形を経て2016年に松本山雅FCに加入。昨シーズンは岐阜にレンタル移籍して14試合1得点を記録した。その後、昨シーズン限りで松本を退団し移籍先が決まっていなかったが、現役引退を決意。引退後は鹿島のスクールコーチを務める。

 當間は松本を通して「このたび現役を引退することを決めました。鹿島、栃木、山形、松本、岐阜。色々な人たちとの出会いに恵まれ、ここまで13年サッカーを続けられた事に感謝しています。これからも人として成長出来るように頑張ります。今まで応援していただきありがとうございました」とコメントしている。