山崎夕貴キャスターが「新型コロナウイルスの影響が、ニンニクなどの国産野菜にも出てきました」と取り上げた。スーパー「アキダイ」の秋葉弘道社長は「ここ1週間ぐらいですかね、急激に値段が上がってきました」という。

先週は長ネギは3本128円だったが、きのう27日(2020年2月)には158円になっていた。ニンジンも2割くらい上がっているという。原因は、中国国内の経済活動がストップし、輸入量が減っているためだ。

3倍も高い国産しかない

「中国産のニンニクは1キロ450円、国産は1580円なのですが、中国産が少なくなっているので、お客さんは高い国産を買わなければならないんです」と秋葉社長は言う。中国はあと2週間で在庫が尽きる見通しだ。