Microsoftは2月26日(米国時間)、「Windows Insiderさんのツイート: "Heads-up #WindowsInsiders, we have begun rolling out the new #MicrosoftEdge to the Release Preview ring. See this blog post from @kylealden with more info on Windows Update rollout plans"」において、ChromiumベースのMicrosoft Edgeの自動配信へ向けた取り組みをリリースプレビューのRingに対して開始したと伝えた。そう遠くない時期に、Windows Update経由で新しいMicrosoft Edgeが配信される可能性が出てきた。

ChromiumベースMicrosoft Edgeの自動配信へ向けた取り組みについてつぶやいたMicrosoft

Microsoftは2020年1月の時点で、Chromiumベースの新しいMicrosoft Edgeをリリースしている。Microsoftは「Upgrading to the new Microsoft Edge - Microsoft Edge Blog」において、時期は明言していないものの、今後数カ月の間にこの新しいMicrosoft Edgeをアップデート経由で自動的に配信することを明らかにしている。

いずれかのタイミングで旧EdgeをChromiumベースの新Edgeへ入れ替えると説明

Microsoftは2月26日(米国時間)、KB4541302に関するページ「The new Microsoft Edge is available for Windows 10, version 1903 and 1909」を公開した。このページはKB4541302が旧Microsoft EdgeをChromiumベースの新しいMicrosoft Edgeへ切り替えるものであることを示している。今後数カ月のうちにWindows UpdateにKB4541302が含まれる可能性があり、その段階で新しいMicrosoft Edgeへの切り替えが行われるものと見られる。

The new Microsoft Edge is available for Windows 10, version 1903 and 1909

どのタイミングでChromiumベースの新しいMicrosoft Edgeへの切り替えが行われるかは明確にされていないが、今回の動きでそう遠くない時期にロールアウトが行われる可能性が出てきた。今後の動向に注目しておきたい。