女児虐待の裁判で法廷からすすり泣く声も 母が語った最後の様子

ざっくり言うと

  • 27日、千葉県の女児虐待事件で罪に問われた父親の4日目となる裁判があった
  • 母親が女児の最後の様子を語ると、法廷からはすすり泣く声が聞こえたという
  • 被告の処罰について母親は、「できる限り重い刑にしてほしい」と語ったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x