札幌サポーター1名に処分

写真拡大

 北海道コンサドーレ札幌は27日、22日に三協フロンテア柏スタジアムにて開催されたJ1第1節の柏レイソル戦で違反行為を行った札幌サポーター(1名)の処分を発表した。

 クラブ発表によると、同試合で違反行為である『フィールド内への水の投げ込み』が発生。該当サポーターの特定及び事実確認を行い、当事者に対してJリーグにて定める試合運営基準に照らし合わせ、3月18日以降に開催される札幌のホームゲーム3試合の入場禁止処分(期間中のアウェーゲームも含む)を科すことを決めた。

 札幌はクラブ公式サイトを通じて「北海道コンサドーレ札幌サポーターの皆様には日頃から熱い応援に感謝するとともに、今後とも安全で快適なスタジアム観戦環境づくりを進めてまいります。観戦ルール・マナーを遵守していただきご観戦をいただきますよう、ご理解とご協力の程よろしくお願い致します」とサポーターに理解を求めた。