ロシアのウラジーミル・プーチン大統領。首都モスクワのクレムリン(大統領府)で(2020年2月27日撮影)。(c)EVGENIA NOVOZHENINA / POOL / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は27日、公の場に出る際に影武者を使うという秘密の計画が過去に実在したと明かした。ただ自身はこの計画を拒否したと述べるとともに、今この話をしている自分は本物だと主張した。

 今回の発言により、インターネット上で何年も前からまことしやかにささやかれていた「影武者説」や「替え玉説」も、事実無根というわけではないことが示された。

 国営タス通信(TASS)が行ったインタビューで、「あなたは本物ですか」との質問を受けたプーチン大統領は「はい」と答えた。

 影武者を使ったことは一度もないと述べたものの、使うことが議論されたことはあるのかと聞かれた大統領は、確かにあったと明言した。

「私は影武者を使うことを拒否した」と述べたプーチン氏は、「あれはテロとの戦いが最も激しかった時期だった」と振り返った。

 さらにインタビュアーが「影武者がいれば、危なそうな所へ行かされたのでしょうね」と続けると、「まあそうでしょう、行ったでしょう、(自分と)同じような服装で」と認めた。

 プーチン氏をめぐっては、67歳でも加齢による変化が目立たない、目の下のたるみが消えたなど、うわさが絶えない。

 2015年には10日間公の場に出なかったことがあり、その際には新たな子どもの誕生、クーデターによる失脚、病気、美容整形やひいては死亡説まで、さまざまな臆測が飛び交った。

 その後再び姿を見せた同氏は「ゴシップがなければ退屈だろう」と話した。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
【写真特集】ロシアのプーチン大統領がみせる「愛犬家」の顔
【写真特集】世界の政治家ビフォーアフター 若き日のプーチン氏
エプロン姿の中ロ首脳、パンケーキ焼く 経済フォーラム関連行事