“あいみょん好き”をSNSで明かした清武。Jリーガーの間でもあいみょんブームが起きているようだ。写真:徳原隆元

写真拡大

 近年、圧倒的人気を誇る女性ソロシンガー・あいみょんのファンを公言するJリーガーが続出している。
 
 C大阪のFW都倉賢が2月27日に自身のツイッターを更新し、チームメイトであるMF清武弘嗣のロッカーの写真を公開。中には練習着とともに、あいみょんのライブグッズである水色のマフラーが、ハンガーラックにかけられている様子が写されていた。都倉は写真とともに、「キヨのロッカーにあいみょんのタオルが…」と拍手の絵文字を添えて投稿している。
 
 清武は昨年の10月に、自身のインスタグラムでも、「あいみょん最高!!!!」と全国ツアーの大阪公演を訪れたことを報告。都倉のほか、片山瑛一、田中亜土夢(現在は無所属)との4ショットを披露し、熱烈なファンであることを明かしている。
 
 そのほか、鹿島のMF三竿健斗とDF町田浩樹が、今年の2月にあいみょんのライブを観に行ったことをそれぞれのSNSで綴っている。三竿は「たくさんのパワーと刺激を頂きました。人の心を動かす歌の力や人間性ってすごいな。自分のプレーで人の心を動かせるように頑張ろう」と書き込み、刺激を受けたようだ。
 
 また、サッカーダイジェストが現在発売中の『2020 J1&J2&J3選手名鑑』を作成する際に行なった選手へのアンケートを集計した結果、J1では好きな女性タレントに7人があいみょんを挙げ、吉岡里帆、石原さとみ、戸田恵梨香らを抑えて全体の10位にランクインしている。
 
 今シーズンに浦和からJ2京都に加入したDF森脇良太も、「彼女のエネルギーと歌声に鳥肌が止まらなかったな…」とライブの様子をフェイスブックで伝えるなど、サッカー界でも“あいみょんブーム”が起きているようだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部