長野県飯山市の風物詩「かまくらの里」を、水卜麻美キャスターと森圭介アナが「スッキリタッチ」コーナーで訪ねた。18年前から開催されているこの時季限定(1月下旬〜2月下旬)のまちおこしイベントで、雪景色の中に20〜30基の小さな灯がともり続ける。

水卜「いくつもあって、すご〜いです」

中では熱々の絶品鍋

直径180センチの風船を膨らませ、その周りに雪を積み上げていき、最後に風船の空気を抜くとかまくらができ上がる。昨年暮れから準備にかかり、1基作るに10人で3時間かかる。

ここで、雪の少ない千葉育ちの水卜が「どうしても、これをやりたかった」という長年の"夢"を実行した。フワフワの雪の上に、仰向けでバターンと倒れるだけなのだが、もう大はしゃぎだ。

イベント会場の一番奥には「かまくら神社」を設け、雰囲気を演出する。

森アナ「頭の中の嫌なことがなくなっていきますね」

予約すれば中でアツアツの絶品鍋も食べられる。ハフハフ言いながらほおばる水卜「ぜいたくの極みです」

近藤春菜キャスター(お笑い芸人)「なにか、ずっと食べ通しでしたね」