3眼カメラで3万円台! 最強ミドルレンジスマホmoto g8 plus

写真拡大 (全8枚)

モトローラ・モビリティ・ジャパンのスマートフォンmoto gシリーズはバランスの良さで定評があります。
価格に比べて性能が高く、各価格帯の製品のバランスも良いスマートフォンに仕上がっています。
その中でも人気の高いミドルレンジmoto gシリーズの新機種moto g8 plusが3月16日発売となります。

moto g8 plusは、ハイエンドではありませんが、ミドルレンジとしては価格以上に高いスペックとなっています。
OSはAndroid 9.0、3眼カメラ(4800万画素メインカメラ、500万画素深度センサー、1600万画素超広角アクションカメラ)を搭載。
CPUはSnapdragon 665、メモリー4GB、ストレージ64GB、ディスプレイ約6.3インチ(アスペクト比19:9、解像度2280×1080)と、高負荷なゲームアプリを利用する以外の日常ユースでは十分なスペックとなっています。

モトローラ・モビリティ・ジャパンより、テスト用端末をお借りしましたので写真で紹介します。
合わせて、新製品発表会の模様も紹介します。


モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社代表取締役社長ダニー・アダモポウロスが発表会で登壇


moto g8 plus。ディスプレイ約6.3インチ、本体サイズは約75.8×158.4×8.2mm、重量約188g。


本体のカラーは2色展開


パッケージ内容。ケース、イヤホン、USB充電器・ケーブルを同梱。


3眼カメラを搭載。


3眼カメラの作例。ボケを生かした写真撮影が可能。


プリインアプリは最低限になっておりプレーンなAndroidに近い


ベンチマークアプリAnTuTu Benchmarkは16万台。


そのほかのスペックとしては、デュアルSIMでDSDV対応(4G+4GのデュアルSIMデュアルVoLTE)で2つの電話番号を利用可能なため、大手通信会社のSIMカードと格安SIMを組み合わることができます。
また、海外渡航時に現地SIMカードを空いているスロットに入れて、ローミングによる電話着信は国内SIMで受けながら、現地SIMでリーズナブルに通信するようのな使い方もできます。

なお、SIMカードスロットの一つは、microSDメモリーカードスロットとは排他利用となっています。
内蔵バッテリーは4000mAhの大容量となっており、急速充電に対応しており、15分の充電で8時間利用できる状態まで充電ができます。スロットは、USB Type-C端子、イヤホンジャック端子も搭載しています。

実際に試用してみると、ミドルレンジとしては、動作速度やディスプレイの品質、カメラ性能など、十分な性能であるように感じました。日本仕様の端末として搭載されることの多い機能、防水・防塵やおサイフ機能のFeliCaには非対応ではありますが、コストパフォーマンスが高く、価格に対しての満足度は非常に高いスマートフォンです。


執筆 伊藤浩一