「住みたい街NO1」横浜へ忍び寄る影…コロナ風評被害にカジノ、荒れる成人式

写真拡大

 「住みたい街NO1」の横浜が今、首位陥落のピンチを迎えています。

 「SUUMO住みたい街ランキング2019 関東版」で2年連続の堂々の首位に輝いた港町・横浜。東京には通勤圏でアクセスも便利。都心に比べると家賃やマンション、一戸建ての値段も割安。みなとみらいのおしゃれタウンを歩いていると、自然と心も弾んでくる…といった具合に人気は不動でしたが、今年に入って「陰り」が見え始めています。

 ある横浜市民は言います。

 「コロナウィルスの影響は大きいですよね。先日中華街へ行ったのですが、人がまばらで驚きました。いつも大混雑で活気があったのに…。お店の方は『コロナの影響でお客は3割しか来てくれない。とにかく収束を願うしかないですよ』と悲痛な表情で話していましたね」


 集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜港に停泊していることから、横浜市内の上空は報道関係のヘリコプターが旋回し、住民にも不安が募る事態となりました。しかし、別の横浜市民はこう語気を強めるのです。

 「みんな誤解しているんですよ。『横浜港に停泊』と繰り返し報道されるから、山下公園近くの大さん橋あたりに停まっていると思っている人が、横浜市民の中にも結構います。違うんですよ。スマホの地図で『大黒ふ頭』と検索して下さい。埋め立て地で『島』なんですよ。これで『横浜がヤバいよね』とか、風評被害以外の何物でもありません」
 思えば「横浜ブランドの危機」は新型肺炎騒動に始まったものではありません。兆候は1月にありました。「荒れる成人式IN横浜アリーナ大会」です。

 今年1月、横浜アリーナ行われた横浜市の成人式では、林文子市長がスピーチを述べている間、新成人同士による乱闘騒ぎが勃発しました。晴れの日に繰り返しニュース番組やワイドショーで放映された、マウントパンチやキックの雨あられに爆竹音。しかも警察は「仲間内のトラブル」という大甘対応で、逮捕者ゼロに終わりました。

 公の場で暴力行為が容認され、不良たちにとっては「暴れて目立てばニュースで繰り返し流してもらえる」という「実績」だけが残る、善良な市民からすれば憤懣やるかたない事態となったのです。

・今すぐ読みたい→
「住みたい街1位」横浜市民の嘆き・・・荒れる成人式にカジノ誘致、治安の悪化は避けられない!? https://cocokara-next.com/stress/citizen-of-yokohama-city-sorrow/

 みなとみらい地区の高層マンションに住む、40代の男性会社員は言います。

 「洗練されたおしゃれな街という横浜のイメージは、ドラマ『逃げ恥』などの影響で、みなとみらい地区を中心に醸成されたものということが証明されました。横浜は広い。昔からいろんな人が住んでいて、必ずしも治安が良いというわけではないことを、あらためて突きつけられましたね」

 そして、こう続けます。

 「まあだいたい、林市長自身がカジノ誘致に躍起になっているわけですから。市長が自ら治安を悪化させるために旗を振っている。こんなバカな自治体が他にあるのかって話です」

 昨年、林市長はカジノを含む統合型リゾート施設の誘致を表明したところ、市民は一斉に反発。横浜市が18年に実施したパブリックコメントでは94%が否定的な意見を寄せました。そんな市民の声は行政に届かず、着々と誘致決定へ、準備は進められています。

 さらには横浜市内のドラッグストアでのマスク販売を巡りトラブルが発生し、客同士が殴り合う動画がニュースでも再三、報じられました。

 コロナの風評被害にカジノ、荒れる成人式…これらの「逆風」に負けず、「横浜ブランド」は死守できるのか。まずは中華街に本来の賑わいが戻ることを、願わずにはいられません。

・今すぐ読みたい→
「住みたい街1位」横浜市民の嘆き・・・荒れる成人式にカジノ誘致、治安の悪化は避けられない!? https://cocokara-next.com/stress/citizen-of-yokohama-city-sorrow/

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]