米Adobeは2月20日(現地時間)、G Suite Marketplaceで「Adobe Acrobat for Google Drive」の提供を開始したと発表した。

これにより、Googleドライブに保存しているユーザーは、Acrobat PDFを用いて、Googleドライブから直接PDFの作成、表示、注釈の追加、修正、共有、電子サインが行えるようになった。

Acrobat DCのサブスクリプションユーザーであれば、フ「ォント、フォーマット、レイアウトを維持したPDFの作成」「削除、入替、回転による既存のPDFを変更および編集」「PDF、Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド、Microsoft Office、画像、テキスト、Adobeデザインファイルを含む複数のファイルタイプを組み合わせて1つのPDFにまとめ、保存および共有が可能」「すべての変更を自動的にGoogle ドライブに保存」といった追加機能が利用できる。

「Adobe Acrobat for Google Drive」を利用する画面