2月25日、訪問先のインドで記者の質問に応じるトランプ大統領(写真:AP/アフロ)


(山田敏弘:国際ジャーナリスト)

 米ネバダ州で2月23日、民主党の党員集会が開かれ、2020年の大統領選における民主党の候補者選びが実施された。この民主党の候補者選びの“第三戦”の結果は、民主党の中でも左派の代表格であるバーニー・サンダース上院議員の勝利となった。アイオワ州、ニューハンプシャー州、そしてネバダ州での党員投票が終わったわけだが、まだスタートダッシュした候補者はいない。民主党の指名候補者選びは混乱の様相だ。

 日本で今、多くの関心を集めている新型コロナウイルス(COVID-19)については、もちろん米国でも感染者が出ていることもあり、関連ニュースは全国的に報じられ、注目されている。だが民主党指名候補争いのニュースは、それ以上の大きさで扱われている。というのも、次の戦いの地であるサウスカロライナ州を経て、3月3日には一気に14州で予備選が行われるスーパーチューズデーを迎える。大統領選の一つの山場が間近に控えているからだ。

 新型コロナウイルスに大統領選--実はそんなニュースの裏舞台で、米国に対してサイバー空間を駆使して情報工作に勤しんでいる国がある。ロシアである。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ロシアの極右議員が流す「新型コロナはアメリカのバイオ兵器」説

 今、ロシアは、新型コロナウイルスにからんで、スピン(情報操作)に乗り出している。それだけではない。2016年の米大統領選では、ドナルド・トランプ候補に有利になるような情報工作を繰り広げた同国は、2020年の大統領選でも再び干渉しようと蠢いていることが確認されている。つまり、今のアメリカの二大トピックスに絡んで、積極的な情報工作を絶賛展開中なのだ。

 その手法はと言えば、例えばこんな具合だ--。

 2020年1月、ロシアの元大統領候補で、極右政党であるロシア自由民主党(LDPR)党首のウラジーミル・ジリノフスキー下院議員は、モスクワのラジオに出演し、新型コロナウイルスはアメリカのバイオ兵器だと主張。さらにジリノフスキーは、バイオ兵器でないとすれば、製薬会社が儲けるための壮大な計画だろうとも指摘した。

 ジリノフスキーは何ら根拠は示していない。だが今、こうした偽情報がロシアから次々と発せられているのだ。たとえば、「新型コロナウイルスは中国の経済発展を食い止めるために米国の研究所で作られたものだ」という話から、「米マイクロソフトの創業者で慈善家のビル・ゲイツや、ロシアが毛嫌いしている米投資家で慈善家のジョージ・ソロスが関わっている」との説も出ている。また「CIA(米中央情報局)によって作られた」なんていう説もある。

過去には「HIV=米国のバイオ兵器」説も

 米シンクタンクのランド研究所は、2016年、ロシアのプロパガンダについて分析したリポートを発表したが、それによるとロシアのこうした情報工作は、真実か否かに関係なく、とにかく様々な偽情報を大量にばら撒いて、客観的な真実がどこにあるのかを分からなくしてしまうのだという。

 リポートは、こう記している。

「私たちは現代のロシアによるプロパガンダのスタイルは、『偽りの消防ホース』であると特徴付けている。大きな特徴が2つある。一つは数多くの喧伝手段とメッセージで、もう一つは真実の一部や完全な作り話を拡散させる恥知らずな意思だ」

 要は、消防ホースのように大量の偽情報を放出するのだという。

 さらにこのリポートは、「ロシアのプロパガンダは受け取り手を面白がらせ、混乱させ、圧倒する」と指摘し、「非常に速いスピードで、継続して、繰り返しながら情報をばら撒き、一貫性などはどうでもいい」とまとめている。

 そうしたプロパガンダを、インターネットやSNS、プロやアマチュアのメディアなどを駆使して選挙区的に拡散させていくのがロシアの手法だ。その目的は何か。米国のフィリップ・リーカー国務次官補代行は先日、ロシアの情報工作を批判しながら、こう指摘している。

「ロシアの意図は、気づかれないように強引で悪意ある情報工作を実施するなどして米政府機関や同盟国などを内部から切り崩すことにある」

 目的は米国内、あるいは同盟国との関係を混乱させるためだという。そして実際にその作戦は、アジアの一部やアフリカなどで、「欧米諸国は新型コロナウイルスに適切に対処できていない」というイメージを植え付けることに成功しているという。SNSなどで欧米批判が出ているとも報じられている。日本国内でもSNSなどを飛び交う情報の中には、そうした出元からの情報が混じっていることも考えられるので注意が必要だ。

 ロシアは、世界中のどこかで何かしらの混乱が起きると、偽情報をばら撒いて混乱をさらに深めようとしているとも指摘されている。つまりこれらの工作は、今回の新型コロナウイルスに限ったことではなく、ロシアの常套手段というわけだ。

 ちなみにロシアは冷戦時代、世界的に大流行して多くの死者を出したHIV(ヒト免疫不全ウイルス)についても、「米国によるバイオ兵器だ」と主張した歴史がある。つまりこうしたプロパガンダを駆使して米国を貶めるチャンスは絶対に逃さず、嘘情報も交えながら米国の責任を声高に叫ぶのである。

 このように、ロシアは現在も情報操作活動に勤しんでいる。

もちろん大統領選挙でも工作

 そのロシアがいま、力を入れているのは、新型コロナウイルスの“スピン”だけでは無い。米大統領選でも、ロシアはすでに情報工作を始めている。それを察知した米情報機関関係者らは先日、米下院情報委員会の議員たちに、ロシアが今回も大統領選に干渉しようとしていると伝えている。

 もちろん、ロシアが大統領選を狙ってくることについては以前から警戒されていた。というのも2016年の大統領選の際には、民主党の全国委員会のサーバーにロシアのSVRとGRUのハッカー集団によってサイバー攻撃を仕掛けられ、情報が盗まれたばかりか、民主党に都合の悪い情報をインターネット上で暴露された経験があるからだ。さらに大量のフェイクニュースを拡散され、トランプに有利になるような大規模な工作に苦しめられたのだ。

 当時のロシア側の行動について、ヒラリー・クリントン民主党候補を勝たせないために、指名候補争いをしていたサンダースのことは攻撃しないようにしていたこともわかっている。反対に、クリントンに都合の悪い情報などはハッキングなどで入手して暴露していった。トランプとの大統領選に敗れたクリントンは、敗因の一つにはこうした情報暴露もあったと語っている。

 こうした経験から、2018年の米中間選挙では、米サイバー軍がロシアのハッカー集団らに先制攻撃を加えて動きを封じ込めようと作戦を実施している。この作戦、関係者の間では、一定の効果が出たと分析されている。

 それでも、ロシアが2020年の大統領選をまた狙ってくるのは疑いようもなく、CIAやFBI(米連邦捜査局)、NSA(米国家安全保障局)などはそれぞれチームを作り、警戒を続けている状況だ。彼ら情報関係者の間では、すでにロシアの動きは活発になっているというのが共通認識になっている。

アメリカはすでに一層の警戒

 実際に、2020年1月の段階で、米情報機関関係者は、「ロシアが民主党指名候補のサンダース上院議員に対する工作を実施している」とサンダース陣営に知らせている。情報関係者らによれば、ロシアの目標は世界を混乱させているトランプを勝たせることであり、それがロシアの利害にかなうと見ているという。さらにロシアは、サンダースが民主党候補になったら、トランプには勝てないと分析している。そのため、ロシアはサンダースを民主党候補にするために動いているらしい。

 これに対してトランプ大統領は、ロシアがトランプを勝たせようとしているという話を一蹴。サンダースが1988年にソ連に夫婦で旅行をしていた事実を持ち出し、ロシアは仲間のサンダースに勝たせたいだけだと指摘している。

 ちなみに、米情報関係者らは、こうした攻撃を画策しているのはロシアだけでないと見ていて、中国やイランに対しても警戒を強めている。彼らの主要な目的は、米大統領選の信頼性を貶めることだというのだ。


 ある米情報機関関係は以前、筆者の取材に、「中国は、バラク・オバマ大統領が2008年に初めて大統領選に勝利した際に、オバマ陣営のサーバーにハッキングで入り込んでいた。オバマの対中政策を調べようとしていたのだ。そして今回も、民主党の主要な候補者の、対中政策についてはいろんな手段を使って徹底的に調べようとしている」と語っていた。

 ロシアを始め、サイバー空間でのスピン工作を実施している国々がある。その工作による「偽情報」は、われわれが目にするような一般のネット情報にも巧妙に紛れ込んでいる。読者の方には、その事実を理解して、世界規模で注目されるニュースについてネット上で拡散される情報は、慎重に取捨選択していくことをお薦めしたい。

筆者:山田 敏弘