マイケル・ブルームバーグ(78)/前ニューヨーク市長

写真拡大

◆“大統領選ウオッチャー”町山智浩氏が解き明かす

 大混戦が予想されているアメリカ大統領選の民主党候補者指名争いに、満を持して元ニューヨーク市長のブルームバーグ氏が“電撃参戦”することとなった。ブルームバーグ氏といえば、金融情報会社「ブルームバーグ」の創設者で、世界富豪ランキング12位となる618億ドル(6兆8000億円)もの個人資産を保有することでも知られる人物。

 全米がテレビに釘付けとなる2月2日に開催された「スーパーボウル」でも、わずか60秒のスポットCMに1000万ドル(約10億8500万円)のポケットマネーを投じたことでも話題となったが、19日にはネバダ州の党員集会に先駆けて開かれたテレビ討論会に初登壇。ほかの民主党候補者から、経営者時代にあったとされる女性従業員に対するセクハラ発言問題や、ニューヨーク市長時代に行った黒人やヒスパニック系を狙い撃ちにした治安対策が槍玉に挙げられるなど、集中砲火を浴びることとなった……。

 だが、ブルームバーグ氏が立候補を表明したことで、民主党候補者指名争いが面白くなったことは間違いない。初戦のアイオワ州党員集会では、投票結果をアナウンスするために作られたスマートフォンアプリに不具合が見つかるなど甚大な集計トラブルに見舞われたものの、最終的に38歳の俊英・ブティジェッジ氏が大金星を挙げた。

 続く2戦目のニューハンプシャー州予備選は、ブティジェッジ氏を僅差で振り切った「本命」サンダース氏が勝利。22日に行われた3戦目のネバダ州の党員集会もサンダース氏が順当に勝ち星を重ねるなど、「打倒トランプ」を目指す民主党の候補者たちが、3月3日の「スーパーチューズデー」に向けて熱いデッドヒートを繰り広げているからだ。

 果たして、誰がトランプ大統領の対抗馬となるのか? 今回、カリフォルニア州を拠点に「大統領選ウオッチャー」として精力的に取材を続ける映画評論家の町山智浩氏に話を聞いた。

――最新の世論調査を見ると、サンダース氏が頭ひとつ抜けているが。

町山:サンダース氏を支持しているのは民主党支持者ではなく、民主党も共和党も嫌いな「インディペンデント」と言われる無党派層です。サンダース氏とトランプ大統領はイデオロギーの部分で対照的に見られますが、2人とも大統領選に出馬するために入党したにすぎず、「米国を支配してきたエスタブリッシュメント(既得権益層)を潰せ!」という主張はほぼ同じ。

 これは、米国の二大政党制はもはや過去のもので、共和党と民主党の違いがほとんどなくなっていることを如実に物語っています。当初、支持率トップをキープしていたバイデン氏が失速したのも、前回大統領選で敗れたヒラリー・クリントン氏と同様、国民からそっぽを向かれた民主党主流派の旧態依然とした政治をそのまま引き継いでいるからにほかならない。ギャラップ社の昨年の世論調査によれば、現在の民主・共和両党の支持層はそれぞれ28%。これに対し無党派層は41%と最大勢力になっており、バイデン氏が失速するのは目に見えていた。

――初戦で波乱を巻き起こしたブティジェッジ氏の支持が思いのほか広がっていない。

町山:サンダース氏やウォーレン氏を支持する層は、あまりに極端に進んでしまった格差社会の解消を望んでおり、具体的政策としては富裕層と法人への課税強化を求めている。ところが、ブティジェッジ氏は富裕層への課税の累進性を高めるとは言っているものの、今の政治に不満を抱く人々を救うような経済政策を強く打ち出せていない。

 ほかの候補者からも攻撃されているが、ブティジェッジ氏は世界的コンサルティング会社・マッキンゼー出身の超エリートで、ウォール街のステークホルダーそのものだからです。ただ、今のままでは「重鎮」と呼ばれる年寄りがのさばったままになってしまうので、若い彼に一定の支持が集まっているというのが実情でしょう。