様々なコンテンツをファッショナブル&高音質で

写真拡大

ソニーは、完全ワイヤレスイヤホン「h.ear(ヒア) in 3 Truly Wireless WF-H800」を2020年2月29日に発売する。

左右イヤホンに同時伝送、動画視聴も音ズレを抑えた高音質で

独自の高音質技術「DSEE HX」により、CD音源やMP3などの圧縮音源をはじめ、動画や音楽ストリーミングサービスなどの様々なコンテンツを、CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」相当にアップスケーリングして楽しめる。

新型のBluetoothチップを内蔵し、どの再生機器からでも左右のイヤホン本体に同時伝送する方式を採用。動画視聴時の映像と音声のズレを抑え、安定した接続性を実現する。

本体およびケースの小型軽量化を図り、快適な装着感と高い携帯性を両立。装着時に耳から飛び出したように見えないスマートな形状を採用する。本体のみで8時間、付属の充電ケースとの組み合わせで合計16時間の連続再生が可能なほか、10分間の充電で70分の連続再生が楽しめる急速充電にも対応する。

両耳に装着中、片側を外すと自動で音楽を一時停止し、つけ直すと自動で再開する機能のほか、音声アシスタント「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」に対応し、音楽再生時の操作やニュースのチェックなどが音声で行える。

Bluetooth 5.0をサポートし、A2DP/AVRCP/HFP/HSP各プロファイル、SBC/AAC両コーデック、コンテンツ保護SCMS-Tに対応する。

カラーはレッド、ブラック、アッシュグリーン、オレンジ、ブルーの5色。

市場想定価格は2万2000円前後(税別)。