開幕ゴールを決めた明治大出身のMF瀬古樹(横浜FC、写真左)

写真拡大

 Jリーグは21〜23日、J1リーグとJ2リーグの開幕節を開催した。試合の登録メンバー入りした新卒選手は合計37人。そのうち20人がピッチに立ち、12人が開幕スタメン入りを果たした。

 カテゴリごとに見ると、メンバー入り人数はJ1が17人(昨季6人)で、J2が20人(昨季27人)。出場選手はJ1が10人(昨季4人)、J2が10人(昨季16人)だった。

 中でも華々しい結果を残したのは明治大出身のMF瀬古樹(横浜FC)。ヴィッセル神戸を相手にフル出場を果たすと、前半24分に先制点をたたき込んだ。新卒選手の開幕戦ゴールは、2009年に早稲田大出身のFW渡邉千真(当時横浜FM、現G大阪)が達成して以来11年ぶりの偉業だった。

 なお、明治大出身者ではFC東京のDF中村帆高、サガン鳥栖のDF森下龍矢もフル出場を果たし、ギラヴァンツ北九州のFW佐藤亮も後半23分までプレー。関東大学リーグ、総理大臣杯、全日本選手権の三冠を成し遂げた最強世代がプロの舞台でも存在感を放っている。

 メンバー入りした選手は以下のとおり

■J1リーグ

▼札幌

DF田中駿汰(22=大阪体育大)ベンチ入り

MF金子拓郎(22=日本大)ベンチ入り

MF高嶺朋樹(22=筑波大)ベンチ入り

▼鹿島

MF荒木遼太郎(18=東福岡高)後半15分から

▼浦和

GK鈴木彩艶(17=浦和ユース)ベンチ入り★

ベンチ入り

▼FC東京

DF中村帆高(22=明治大)フル出場

FW紺野和也(22=法政大)後半36分から

DFバングーナガンデ佳史扶(18=FC東京U-18)ベンチ入り

▼川崎F

MF三笘薫(22=筑波大)後半20分から

FW旗手怜央(22=順天堂大)後半20分から

▼横浜FC

MF瀬古樹(22=明治大)フル出場1得点

MF中山克広(22=専修大)後半43分まで

MF松尾佑介(22=仙台大)フル出場

▼C大阪

MF西川潤(18=桐光学園高)ベンチ入り

▼広島

MF藤井智也(21=立命館大)ベンチ入り⭐︎

▼鳥栖

DF森下龍矢(22=明治大)フル出場

MF本田風智(18=鳥栖U-18)後半35分まで

■J2リーグ

▼水戸

MF松崎快(22=東洋大)ベンチ入り

▼栃木

MF明本考浩(22=国士舘大)後半43分まで

DF池庭諒耶(22=青山学院大)ベンチ入り

▼大宮

MF高田颯也(18=大宮U18)ベンチ入り

▼東京V

MF藤田譲瑠チマ(18=東京Vユース)フル出場

FW山下諒也(22=日本体育大)後半35分から

▼町田

FW晴山岬(18=帝京長岡高)ベンチ入り

▼甲府

DF中塩大貴(22=立正大)後半29分まで

MF中村亮太朗(22=中央大)ベンチ入り

▼新潟

FW矢村健(22=新潟医療福祉大)ベンチ入り

▼金沢

GK上田樹(18=金沢U-18)ベンチ入り

FW加藤陸次樹(22=中央大)後半44分まで

MF本塚聖也(22=金沢星稜大)ベンチ入り

▼愛媛

DF三原秀真(18=愛媛U-18)後半28分から

DF吉田晴稀(18=帝京長岡高)ベンチ入り

▼北九州

FW佐藤亮(22=明治大)後半23分まで

▼長崎

MF氣田亮真(22=専修大)後半36分から

FW毎熊晟矢(22=桃山学院大)後半49分から

▼琉球

MF池田廉(22=拓殖大)後半12分まで

DF知念哲矢(22=近畿大)ベンチ入り