Android Studioデベロップメントチームは2月24日(米国時間)、「Android Developers Blog: Android Studio 3.6」において、Android Studioの最新版となる「Android Studio 3.6」の公開を伝えた。今回のリリースはProject Marbleが終了してから初のリリースとなる。統合開発環境として必要になる基本的な機能が強化されている。

Android Studio 3.6の主な変更点は次のとおり。

レイアウトエディタやナビゲーションエディタなどのデザインエディタにおけるUIデザインビューとコードビューの同時表示に対応(分割ビュー)。この新しいビューは以前のプレビューウィンドウを置き換えることになる

デザインツールやXMLエディタのカラーピッカーにおいてユーザーが定義した色を簡単に使用できるように改善

実行中のアプリに変更を適用したクラスを追加する機能に対応

Android NDKのアップデート

IntelliJプラットフォームのアップデート

Android Gradleプラグイン(AGP)のアップデート

デバッグビルドのデフォルトパッケージをzipflingerへ変更

エミュレートされたデバイスと場所データをやり取りする新しい方法を追加(Android Emulator 29.2.12)

エミュレータにおけるマルチディスプレイのサポート(Android Emulator 29.2.10)

メモリプロファイラにメモリリークを検出する機能を追加

APKアナライザにバイトコード解読機能を追加

デザインエディタにおけるスプリットビュー - 資料: Android Studioデベロップメントチーム

Android Studio 3.6は「Download Android Studio and SDK tools|Android Developers」からダウンロードできる。