Jリーグが約3週間にわたる試合開催延期を発表…新型コロナウイルスの影響を受け

写真拡大

 25日、Jリーグは2月28日から3月15日に開催予定の全試合の開催延期を決定した。なお、再開予定は3月18日となっているが、詳細は決定次第の発表となる。

 今回の開催延期決定は、現在世界各国で急速に広がっている新型コロナウイルスによるものだ。すでに中国や韓国、イタリアなどでリーグ戦の一部または全試合の延期が発表されているが、Jリーグもついに開催延期という大きな決断を余儀なくされた形となった。

 Jリーグは公式リリースにて、24日に開催された新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において「これから1〜2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となる」との見解が発表されたことをあげ、感染予防と拡散防止のための決断だと説明。「試合を楽しみに待っていただいていたファン・サポーターの皆様、事情をご賢察の上、ご理解いただきたくお願い申し上げます」と、苦渋の決断への理解を求めた。