オプトホールディングは、同社の「デジタルシフト新戦略」に基づきデジタルシフト事業を推進するため新たに「株式会社デジタルシフト」を4月1日に設立することを20日に発表した。

新会社はオプトホールディング完全子会社のデジタルシフトアカデミーの定款を変更し、企業のデジタルシフトに必要な経営資源をワンストップで提供することを目的としている。デジタルシフトの代表取締役社長には、オプトホールディング 代表取締役社長 グループCEOの鉢嶺 登氏が就任する。

新会社では、デジタルシフトコンサルティングサービス、BtoB情報提供サブスクリプションサービス、プロ人材常駐サービスや金融支援サービスを行う。デジタルシフトコンサルティングサービスにおいては、取締役に船井総研ホールディングス元取締役常務の五十棲 剛史氏を取締役に招聘、早期に100社へのサービス提供を目指す。

オプトホールディングは、2020年7月1日付で商号をデジタルホールディングスに変更することを2月12日に発表(ニュースリリース)している。インターネット広告代理事業を主軸とする同社は、広告のデジタル化に留まらず"あらゆるデジタルシフト"の支援と価値創造を課題に据えており、「デジタルシフト新戦略」を中軸に2030年までに企業価値を1兆円とすること目標にしている。

オプトホールディングの2020年7月1日付(予定)の新商号「デジタルホールディングス」のロゴ(同社資料より)