【第1節のベストイレブン】

写真拡大

 2020年シーズンのJ1リーグがいよいよ開幕、2月21日から23日にかけて各地で第1節の9試合が開催された。その試合で活躍した選手の中から、サッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。

 今季最初のMVPに選定したのは、3得点に絡む活躍を見せた柏レイソルの江坂任だ。ドリブル突破から左足で決めた先制点、瞬時の状況判断で走り込んで決めた58分の得点のほか、20分にはディフェンスライン裏へのパスを通しオルンガの得点を演出するなど、チームの攻撃をリード。1年でJ1の舞台に帰ってきたチームの勝利に貢献した。

 ベストイレブンには、同じく柏から2得点を挙げたオルンガも選出。特に秀逸だったのは、65分の得点。CKの守備で自陣ゴール前にいたところから駆け上がり、相手GKの予測を上回るスピードでチーム4点目を決めた。

 最多3人を選んだのはガンバ大阪。昨季のJ1王者横浜F・マリノスを相手に1得点・1アシストをマークした倉田秋。昨季MVPの仲川輝人を抑え込んだ藤春廣輝。細やかなラインコントロールで横浜の攻撃を凌いだ三浦弦太をチョイス。
 
 昇格組の横浜FCからはGKの六反勇治を選出。敵地でのヴィッセル神戸戦では、31分の古橋亨梧、79分のドウグラス、81分のイニエスタと3本の決定的なシュートを含む14本のシュートを浴びながら1失点に食い止め、チーム13年ぶりとなるJ1での勝点獲得に貢献した。

 その神戸からは古橋を選出。ゴール前へダイアゴナルに走り込んでサンペールからのパスを引き出すと、GKを引きつけ、冷静に左足でネットを揺らした。この得点で今季公式戦4戦連続ゴールとなった。

 そのほか、最終ラインを統率し、ほぼ完ぺきなプレーでクリーンシートに貢献したセレッソ大阪のマテイ・ヨニッチ。攻撃の起点にもなり、攻守に貢献した名古屋グランパスの成瀬竣平。ハードワークやフリーランニングが光ったサンフレッチェ広島の川辺駿。冷静さとテクニックで決勝点を挙げた浦和レッズの関根貴大を選出した。
 
GK
44 六反勇治(横浜FC)7/初選出
14本のシュートを浴びながら失点1はMOM級。前半の古橋、後半のドウグラスとイニエスタという3本の決定機を阻止した功労者。

4 藤春廣輝(G大阪)6.5/初選出
仲川とのマッチアップで一歩もひけを取らず、絶えず攻撃への積極性も打ち出して左サイドを引き締めた。

5 三浦弦太(G大阪)6.5/初選出
細やかなライン操舵でオナイウやM・ジュニオールを狭いスペースへ封じ込める。クサビのパスにもう少し正確性が欲しかった。

22 マテイ・ヨニッチ(C大阪)6.5/初選出
60分に田中に振り切られるも、それ以外はほぼ完璧。瀬古のポジションを修正するなど最終ラインを統率しMOM。

26 成瀬竣平(名古屋)6.5/初選出
先制点では攻撃の起点となり、試合に慣れるにつれて決定機に多く絡めるようになっていき、存在感は大きく、今後に期待を抱かせる出来だった。
 
MF
8 川辺 駿(広島)7/初選出
陰のMVPといっても過言ではないハードワークぶり。2点目に絡んだニアゾーンへのロングランは圧巻だ。

41 関根貴大(浦和)7/初選出
ハイライトは85分。寄せが甘くクロスを上げられた分を補い余りある値千金の決勝ゴールを決めてみせた。ボールをカットしてからレオナルドとのワンツーでゴールにった29分のプレーも迫力があった。

10 倉田 秋(G大阪)7/初選出
冷静に相手のミスを突いて先制すると、鋭い抜け出しで2点目を演出して1G1A。劣勢の時間帯にあって足下にボールを収めてタメを作り、守→攻の切り替えで奮起した。

FW
10 江坂 任(柏)7/初選出
13分の先制点は個人技とシュートテクニックの高さが光り、58分には自ら起点となった攻撃から、クリスティアーノのパスを押し込む。2得点でチームに勝利をもたらした。

11 古橋亨梧(神戸)7/初選出
ゲーム支配度ではイニエスタの方が上だが、公式戦4試合連続ゴールという結果を残した点でMOMに。守備でも献身的なプレーを見せた。

14 オルンガ(柏)7/初選出
スピードを生かした背後への抜け出しで2ゴールを記録。前線でボールを収めて起点にもなり、終始、相手守備陣の脅威となっていた。

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】J1第1節“ベストイレブン”に選出された11人を特集!熱狂のゴール&喜びシーンは必見!