ツインバード工業、株主優待を変更して、配当+優待 利回りが4.62%に! 1年未満の保有でも自社サイトで 使えるクーポン券がもらえるように配布基準を緩和!

写真拡大

 ツインバード工業株式会社が、株主優待を変更することを、2020年2月19日に発表した。

 ツインバード工業は、毎年2月末時点の株主を対象に株主優待を実施しており、従来の内容は「100株以上〜1000株未満を1年以上保有する株主に、自社ECサイトで買い物に利用できる『株主優待クーポン』(2000円分)を贈呈。1000株以上〜2000株未満を1年以上保有する株主に『株主優待クーポン』(5000円分)を贈呈。2000株以上を1年以上保有する株主に『株主優待クーポン』(1万円分)を贈呈」というものだった。

 今後もそれらがもらえることに変わりはないが、新たに「100株以上を1年未満保有する株主」にも『株主優待クーポン』(1000円分)が贈呈されるようになる。継続保有の条件が緩和されて、株主優待の権利を獲得しやすくなることになる。

 この株主優待の変更は、2020年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ツインバード工業の株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
2月末 100株以上
1000株未満
1年以上 株主優待クーポン(2000円分)
1000株以上
2000株未満
1年以上 株主優待クーポン(5000円分)
2000株以上 1年以上 株主優待クーポン(1万円分)
(変更後)
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
2月末 100株以上
1000株未満
1年未満 株主優待クーポン(1000円分)
1年以上 株主優待クーポン(2000円分)
1000株以上
2000株未満
1年未満 株主優待クーポン(1000円分)
1年以上 株主優待クーポン(5000円分)
2000株以上 1年未満 株主優待クーポン(1000円分)
1年以上 株主優待クーポン(1万円分)
備考 ※「株主優待クーポン」は、ツインバード工業のECサイト「ツインバード・ストア」での
買い物に利用できる。
※「株主優待クーポン」は、利用可能期間中の買い物1回に限り利用可能。
  (例:1万円の「株主優待クーポン」を合計3000円分使用した場合、7000円分は失効)
※「株主優待クーポン」の利用可能期間は、受け取りの日から翌年4月末日まで。
※「株主優待クーポン」は、その他サービス券や、割引サービス等とは原則として併用不可。
※アウトレット商品等の一部商品は対象外となる。

ツインバード工業の株主優待優待利回りは?

 ツインバード工業の2020年2月21日の株価(終値)は454円なので、変更後の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

【変更後】
(100株・1年未満保有の場合)
投資金額:100株×454円=4万5400円
優待品:株主優待クーポン1000円分
優待利回り=1000円÷4万5400円×100=2.20%

(100株・1年以上保有の場合)
投資金額:100株×454円=4万5400円
優待品:株主優待クーポン2000円分
優待利回り=2000円÷4万5400円×100=4.40%

(1000株・1年未満保有の場合)
投資金額:1000株×454円=45万4000円
優待品:株主優待クーポン1000円分
優待利回り=1000円÷45万4000円×100=0.22%

(1000株・1年以上保有の場合)
投資金額:1000株×454円=45万4000円
優待品:株主優待クーポン5000円分
優待利回り=5000円÷45万4000円×100=1.10%

(2000株・1年未満保有の場合)
投資金額:2000株×454円=90万8000円
優待品:株主優待クーポン1000円分
優待利回り=1000円÷90万8000円×100=0.11%

(2000株・1年以上保有の場合)
投資金額:2000株××454円=90万8000円
優待品:株主優待クーポン1万円分
優待利回り=1万円÷90万8000円×100=1.10%

 ツインバード工業の株主優待は、自社ECサイト「ツインバード・ストア」で利用できる「株主優待クーポン」。今回の変更によって、保有期間が1年未満の場合でも、100株以上の株主は1000円分のクーポンがもらえるようになった。同社は配当利回りが2.42%あるので、100株保有時の配当+株主優待利回りは、1年未満の保有で4.62%、1年以上の保有で6.82%と高利回りになる。
【※関連記事はこちら!】
⇒株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を紹介! 優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3!

 ツインバード工業は、新潟県燕市に本社を置く、小型家電が得意分野の家電メーカー。家庭用電気機器、家庭用照明器具、理美容・健康機器などを開発・製造・販売する。2020年2月期(通期)の連結業績予想は、売上高135億円(前期比16.1%増)、営業利益5億円、経常利益3億5000万円、当期純利益1億円。消費税の増税前の駆け込み需要などで売上増に。

■ツインバード工業
業種コード市場権利確定月
電気機器6897東証2部2月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
454円100株4万5400円2.42%
【ツインバード工業の最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年2月21日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。