憧れの北海道へスノーボードトリップ! 交通手段からおすすめスポットまで総まとめ

写真拡大 (全2枚)

いつかは行ってみたい憧れの北海道。海外からも多くのスノーボーダーやスキーヤーで賑わいを見せています。今回はそんな北海道へ安くスノーボードトリップに行く方法を紹介! 豊富な雪の極上パウダーで滑りましょう!

北海道へ行くなら飛行機かフェリーの二択

まずは、北海道への交通手段を紹介。おすすめは飛行機(LCC)かカーフェリーのどちらか。LCCであれば平日の北海道でも片道5,000円以下、往復10,000円前後でいくことができます。ただし、LCCの場合はスノーボードの預け入れで追加料金がかかってしまうことがあります。こちらは事前に利用する航空会社の条件を調べておきましょう。LCCで北海道に行くメリットは、なんといっても短時間かつ安く行けることです。スノーボードなどの大きな荷物は事前にホテルへ郵送しておき、自分はLCCで手荷物のみで渡航するといった手段もありです。ただし、LCCを利用した場合は北海道でバスやレンタカーを手配するなど移動の面では不自由な部分もあります。

 カーフェリーの大きなメリットは、なんといっても自家用車でそのままスノーボードトリップができることです。関東から利用する場合の主な航路は苫小牧〜大洗(茨城)、もしくは苫小牧〜新潟の2つです。苫小牧〜大洗間であれば費用感は1人+1台で片道30,000円程度、苫小牧〜新潟間であれば片道25,000円程度かかります。ただ、移動時間はそれぞれ15時間以上かかります。それでも自家用車で好きなところへ行けるので、長期滞在や家族での旅行であればこちらも選択肢の一つになるでしょう。

北海道で滑るならおすすめのゲレンデ

LCCやカーフェリーのどちらを利用した場合でも、アクセスがしやすく楽しみやすいのが下記エリアのスキー場です。

【ニセコUNITED】

ニセコUNITEDは、ニセコHANAZONOスキー場、ニセコグラン・ヒラフスキー場、ニセコビレッジスキー場、ニセコアンヌプリ国際スキー場の4つからなる広大なスキーエリアです。それぞれに異なった特徴があり、世界中のスキーヤー・スノーボーダーから人気を集めています。冬のシーズンになると海外からのスノーボーダーも多く、夜の街に出れば飛び交う言語が英語のグローバルなエリアです。また、新千歳空港からの直通バスなどもありアクセスもしやすいエリアです。

ニセコUNITEDについて詳しく知る

【トマム】

トマムは、北海道の中央エリアにあるスキー場です。星野リゾートが運営するこちらのスキー場は、広大なゲレンデに良質なパウダースノーのほか、アクティビティなども充実したスキー場です。ICE VILLAGEと呼ばれる氷で作られたエリアは夜は特に幻想的です。内陸部ならではの極上の雪質と豪華なホテルでのスノーボードトリップはファミリーでの滞在もおすすめです。

トマムについて詳しく知る

【ルスツ】

ルスツリゾートは北海道最大級の高原リゾートです。冬だけでなく、夏もさまざまなアクティビティを楽しむことができます。冬は3つの山からなる全37コースで、1日では物足りないスケールのゲレンデです。こちらのゲレンデでも極上のパウダースノーを楽しめますが、普段とは違う体験をしたい方には、ヘリスキーがおすすめです。誰もいないノートラックの斜面に自分だけのラインを思う存分楽しめます。一生の思い出になること間違いなしの憧れのヘリスキー、ぜひチャレンジしてみてください。

ルスツについて詳しく知る

【札幌国際】

札幌国際スキー場は、札幌からのアクセスが抜群に良いスキー場です。札幌市内中心部からクルマで1時間ほどでアクセスできるので、旅の滞在の中心を札幌に置く場合はおすすめのゲレンデです。また、ゴンドラ一つで山頂までアクセス可能。初級者から上級者まで楽しめるゲレンデです。上にあげた3つよりはコンパクトなりますが、スノーパークや子供向けのコースも充実しています。

札幌国際スキー場について詳しく知る

北海道格安スノーボードトリップの予算はどれくらい?

北海道に格安で1泊2日のスノーボードトリップをするならどれくらいの金額になる? ここではあくまで最も安く行ける金額で出してみますが、平日にニセコエリアに行くとして

・ LCC の往復飛行機代 約14,000円(スノーボードのオーバーチャージ込み)
・ 新千歳空港からニセコまでの往復バス代 約5,000円
・ ホテル代 約10,000円
・ リフト券代 約15,000円
・ その他食事代 5,000円

合計で大体50,000円であの憧れの北海道へスノーボードトリップへ行けます。飛行機とかホテルとかが高そうで諦めていた北海道。実は、費用を抑えればこんなに安く行けるんです。もちろんシーズンや日にちによって値段の上がり下がりはありますが、一番安いタイミングを狙えば費用は抑えられます。ぜひ憧れの北海道で極上のパウダースノーを楽しんでみてください!