“ブラック”な愛ちゃんも書かれているという

写真拡大

 フリーアナウンサーの田中みな実(33才)の写真集『Sincerely yours...』(宝島社)が、60万部を突破し話題となっているが、海の向こうの台湾でも、意外な日本人女性の写真集がバカ売れしている。元卓球選手の福原愛(31才)だ。

【写真】台湾で話題の写真集で、愛ちゃんはこんなキュートな表情を見せている

 2月7日に発売された写真集のタイトルを日本語に訳すと『どんな泣き方だって、私は準備ができている』。撮影は日本が誇る著名カメラマン・篠山紀信氏だ。発売元の三采文化出版社(台湾)の担当者はこう話す。

「台湾人の妻であり、中華圏でも知名度の高い福原さんの自伝的な著書を出版したいという企画が昨年持ち上がり、福原さんとそのマネジャー、篠山さんで計画を進めてきました。台湾では写真集は3000部でベストセラーですが、1万部も刷って、書店での売れ行きは好調です。今後は、日本や中国での発売も視野に入れています」

 2016年に結婚した卓球選手の江宏傑(30才)とともに、彼の出身地である台湾で生活する福原は昨年第2子を出産。育児の傍ら、台湾を足掛かりに中国を含めた中華圏での芸能活動も軌道に乗っている。パナソニック台湾のCMシリーズに夫婦で出演するほか、ミズノの中国市場でのアンバサダーも務めている。

 同書は、写真と文章からなる全196ページで、フォトエッセイ集ともいえる。

 写真は彼女のアンニュイな表情を切り取ったカットが並ぶが、露出度は極めて低く、披露しているのはワンピースから覗く二の腕程度。彼女のファンが注目しているのは、写真よりも文章で吐露されている彼女の内面だ。福原のファンだという50代の台湾人女性が話す。

「愛ちゃんは明るい性格だと思っていたので驚きました。自分の性格の二面性や、子供のときから有名人として育った苦悩、その結果習得したという、下心ある相手を瞬時に察知して排除する能力などが語られています。“私のことを福原愛として接してくる人とは、距離をとりたくなる”という言葉もあり、スターゆえの悩みをうかがい知れました」

 いわば“ブラック愛ちゃん”の一面を見せている。そんな彼女の「心」を掴んだのが、夫の江選手だ。

「愛ちゃんの苦しみが伝わってきて読み進めるのがしんどいな、と思っていたら、途中でガラリと変わる。夫への愛が語られ始めるんです。彼女を変えた存在が、夫の江さんなんです」(前出・50代ファン)

 福原が言うには、江選手は彼女に対して何でも「関与」してくるのだという。

「金銭面での応援、育児などに積極的に“関与”してくれると彼女は表現しています。江さんは愛ちゃんの買い物によくつきあうそうで、“イヤリングをつけるのを手伝ってくれる”や“私にどんなデザインが似合うのか考えてくれる”など、ラブラブな様子。こちらが赤面するほどです」(前出・50代ファン)

 ふたりのおしどり夫婦ぶりは、中華圏では有名だという。2018年には、中国のリアリティー番組『幸福三重奏』に出演。有名人夫婦の私生活を観察する番組で、カメラの前でキスを連発するなど、甘すぎる夫婦のやりとりが放送された。

 その一方で、最近はバッシングの声も聞こえるという。

「中国や台湾で愛ちゃん夫婦は、“キラキラ夫婦”と呼ばれています。愛ちゃんのインスタグラムでも、眩しいほどラブラブなふたりの写真がアップされていて、快く思わない層がいるのも事実。ひたむきな彼女を応援していたファンは、最近の“アダルト愛ちゃん”を見たくないのかも。SNSには“新型肺炎で大変な時期に、よく出版したな!”などのやっかみも出ています」(現地ジャーナリスト)

 日本で発売されれば、不倫スキャンダルとは違う“驚き”を与えてくれるだろう。

※女性セブン2020年3月5日号