イタリア・ロンバルディア州の自治体コドーニョで、人影が消えた路地(2020年2月23日撮影)。(c)AFP/Miguel MEDINA

写真拡大

【AFP=時事】(更新)イタリア北部ロンバルディア(Lombardy)州の知事は23日、同国における新型コロナウイルスの感染者数が急増し、100人を超えたことを明らかにした。

 アッティリオ・フォンタナ(Attilio Fontana)知事はテレビ局「SkyTG24」に対し、同国全体で感染例が「100件超」報告されており、同州だけで89件に上ると述べた。

 当局は同日、イタリアでの感染例は79件と発表していたが、その数は増加し続けているとしていた。

 同国北部の自治体が感染者数の増加を抑えようと、必死の努力を続ける中、同国のジュセッペ・コンテ(Giuseppe Conte)首相は22日、北部にある11の町を隔離下に置くと発表。約5万人が影響を受ける事態となっている。

 イタリアでは新型コロナウイルス感染により、すでに2人が亡くなっている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「まるでアジア系全員が保菌者扱い」 新型肺炎で人種差別相次ぐ、欧州
新型ウイルスの影差すイタリアの町、恐怖と孤立に覆われ「ゴーストタウン」に
「中国人お断り」張り紙で非難の的に、チェコのベトナム料理店