仙台の赤が開幕戦で先制点をアシスト。新天地で早くも得点に絡む活躍を見せた。写真:田中研治

写真拡大

「前半は自分たちのやりたいことが出せた部分もありますが、後半相手にチャンスを多く作られたので、プレーできて嬉しさ半分、悔しさ半分ですね」

 2月22日、J1開幕戦となった名古屋戦を終えた仙台FW赤粼秀平は、前半先制点に絡んだ喜びと、後半は思うようなプレーができなかった悔しさの入り混じった複雑な感情を明かした。

 昨季川崎から名古屋に期限付き移籍し、今季は仙台に完全移籍したFW赤粼秀平。背番号もエースナンバーの11。クラブから懸かる期待も大きかった。

 リーグ開幕戦は、古巣の名古屋との対戦。試合前、赤粼はこの試合に対して「対戦相手も昨年まで所属していた名古屋ですし、楽しみな気持ちしかありません」と前向きな気持ちを素直に語った。名古屋については「昨年から残っていたメンバーも多いですし、良いメンバーとサッカーができていて、なかなか勝てない時期も長かったなか、全員一致団結して良い集団になっていました。油断せず戦って勝てるようにしたいです」と、昨季ともに戦った仲間へ思いを馳せつつ、勝利への意欲を燃やしていた。

 そして、迎えた名古屋戦。見せ場は18分にやってきた。セットプレーの流れから、左サイドでボールを受けた赤粼は「チームで一番ヘディングが強い」DFシマオ・マテがゴール前に残っていたのを見逃さず、クロスボールを上げる。クロス自体はS・マテを捉えなかったが、右ポストを直撃。こぼれ球を左足でS・マテがゴールに押し込み先制につながった。「(S・マテが)良い駆け引きをしてくれて、イメージ通りのボールを蹴れました。(クロスは)最初(S・マテに)入りませんでしたが、気持ちで押し込んでくれました」とクロスが得点の起点となったことを喜んだ。

 その後も攻撃だけでなく、前線からの守備にも献身性を見せ、チームプレーに徹したが、後半はチーム全体がなかなかボール保持をできず劣勢だったこともあり、ゴールは生まれなかった。
「もっと自分たちの時間を増やしてサッカーをしたいですし、もっと意図的にチャンスを作って、チーム全員で団結して勝ちたいですね」と今後への抱負を語った。

 名古屋との対戦を振り返り、赤粼は「(選手は)互いによく知る仲ですし、サポーターのみなさんにもお世話になりました。そうした人たちの中でプレーできて、嬉しい気持ちがほとんどでした」と名古屋への恩義を忘れなかった。

 そして、新加入選手ながら新たに応援歌をつくって応援した仙台サポーターについて「アップ中からたくさん歌ってくれていたと思いますし、すごく期待してくれていると感じました」と感謝の言葉を述べた。古巣への別れとともに、新天地でのスタートを切った赤粼は、仙台でのさらなる活躍に向け、気持ちを新たにしていた。

取材・文●小林健志(フリーライター)

【PHOTO】あなたもどこかに!?仙台×名古屋を盛り上げたサポーター特集!