この試合も好プレーを連発したイニエスタ(右)と先発出場を果たした中村俊輔(左)。写真:徳原隆元

写真拡大

 2020シーズンが開幕したJリーグは、2月23日に各地で第1節の4試合を開催した。ノエビアスタジアム神戸で行なわれた、ヴィッセル神戸対横浜FCの一戦は、1−1で引き分け、勝点1を分け合った。

 試合は、立ち上がりからポゼッションで上回る神戸が、横浜FC陣内に攻め込む展開が続く。

 しかし24分、横浜FCが先制に成功する。志知孝明が思い切って左サイドを単独突破し、敵陣深くまで侵入。クロスボールを供給すると、ゴール前で一美和成と中山克広が相手DFと競り合い、こぼれたボールに走り込んできた瀬古樹がペナルティエリア内中央から右足を振り抜きネットを揺らす。明治大を今春卒業するルーキーの瀬古は、このゴールがプロ初得点となった。

 失点した神戸もすぐさま反撃に出る。アンドレス・イニエスタが決定的なパスを度々供給。31分のパスに反応した古橋亨梧のシュートはGKの六反勇治のビッグセーブで防がれる。

 その後もポゼッションで上回る神戸だが、65分に放ったイニエスタの強烈なシュートはクロスバーを直撃。逆に前掛かりに出たところを、横浜FCの中山や松尾佑介の両サイドからカウンターで突かれ、ピンチを招く場面も見られた。
 
 神戸は藤本憲明に代えドウグラスを、郷家友太に代え小川慶治朗を投入して得点を狙うと、74分に待望の同点弾が生まれる。セルジ・サンペールからのパスに反応した古橋が、ゴール前で受けると、左足で素早くシュートを放ち、ネットを揺らす。神戸が1-1として試合を振り出しに戻した。

 次第にディフェンスでのミスが目立つようになってきた横浜FCに対し、79分にはドウグラスがDFと入れ替わりGKと1対1のチャンスを迎えるも、ファインセーブに阻まれてしまう。また、71分、73分と続けてイニエスタが左サイドで仕掛け、シュートチャンスを作り出すが、得点には結びつかなかった。

 攻め続けた神戸だったが、横浜FCの身体を張ったディフェンスと、GK六反の好セーブに苦しみ、1−1の同点のまま試合終了を迎えた。

 次節、神戸は敵地で鹿島と対戦。横浜FCはホームで柏を迎え撃つ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【神戸 1-1 横浜FC PHOTO】白熱の展開は決着付かずのドローに終わる