早くから育成指導者として名を馳せ、現在も指揮官としての辣腕ぶりを見せる菅澤大我氏【写真:加部究】

写真拡大

【“読売育ち”菅澤大我、気鋭コーチの育成論|第3回】東京V退団後に指導者としての成長を実感

 菅澤大我の指導者としてのキャリアも優に20年間を超えた。長く育成に携わり、ジェフユナイテッド千葉ではトップチームのヘッドコーチも務め、現在はなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)2部のちふれASエルフェン埼玉の監督として3年目を迎えている。

「育成部門なら、もう選手の親が同級生やそれ以下の年齢になる。当然保護者も選手たちの気質も変わってきています。今は選手のほうが指導者に『なに、それ?』と言える時代。指導者は選手を思い切り上回る知識を持ち、論理的に解決する能力がないと認めてもらえない。そういう意味では良い時代になってきました。昔はハーフタイムにシャトルランをやらせたチームが勝ってしまう光景を横目で見ながら、『それが問題の解決なの?』と不思議に思っていた。さすがにそういうのは、あまりなくなってきていると信じたいですね」

 かつては育成へのこだわりが強かったが、考え方は変わった。

「ジェフではトップのすべてを任され、こうして女子も指導してみて、選手を育てることと、思い描くサッカーで勝負をするということは両立できると考えるようになりました。年始にプロばかり集めて4日間ほど合宿をするんです。もう3000〜4000万円くらい稼いでいる選手もいますが、まだ実際に下手で『なんでそこで逆取れないの?』『いくら稼いでいるんだよ』などと軽口を叩きながらやる。でも上に行くほど上手くなりたいと思っていて、そういう姿を見ると嬉しくなります」

 優秀な選手を集めてきたので、必然的にワンサイドの試合が増えた。森本貴幸(アビスパ福岡)や久保裕也(FCシンシナティ)は面白いようにゴールを奪えたが、敢えて質を追求するために厳しく叱責した。

「たまたま相手のGKが小さくて入ったようなゴールの後は、無茶苦茶怒りました。『そのシュート入らないから! 相手がブッフォンだったら無理でしょ』と。逆にGKが半歩動いたのを見て狙っているなら枠を外しても正解。本人たちも納得していました。こうして試合でも課題を設定しておく。成功しながら伸びていくのは、彼らのように体育が“5”の選手の特権です。結局プロでは、この形になったら決めるというパターンをいくつか持っていて、判断というより反射に近い速度でプレーできないと苦しい。反復が必要になります」

 しかし、何かを極めるために猛特訓はしない。

「好きじゃないしナンセンス。もともと今日1日で上手くなるわけないだろ、という割り切りがある。逆に急にできるようになることもあり、その日は絶対にやってくる」

育成指導者の現状を憂う「若い、安い、イエスの三拍子が求められている」

 男子には「本当にたま〜にキャラクターを変えて、素走りをさせた」という。

「昭和だって捨てたもんじゃない。それが効果的な時もある。でも女子には、すぐに反論されます。『サッカーボールを使ったフィジカルトレーニング』という書籍を出しているので、『あの緑の本、どうなってるんですか?』って」

 指導者として最も伸びたと実感しているのが、東京ヴェルディを出て名古屋グランパスに移籍した時だった。

「ヴェルディの選手たちは理屈抜きに上手かったし、後から思えばだいぶ説明を端折っても大丈夫だった。逆に当時の名古屋は、ヴェルディと比べれば最低でも2ランクくらいは落ちたので、噛み砕いて丁寧に説明しないと伝わらなかった。おかげでより合理的になったし、あまり意味が分かっていなかった引き出しというものがたくさん出てきたな、と思う。ゲーテも最高のものを見たほうがいい、と言っていますが、改めて先にヴェルディを見ておいて良かったと実感しています」

 名古屋でも移籍3年目には、日本クラブユース選手権(U-15)を制覇。さらに京都サンガF.C.に移っても、久保、駒井善成(北海道コンサドーレ札幌)、原川力(サガン鳥栖)などの成長を後押しした。

 だが自ら育成指導者のステータスを高めながら、現状を憂う。

「今、育成の指導者は、若い、安い、イエスの三拍子が求められている。もしくは現役上がりほやほや。職人さんらしい方々がほぼいなくて、彼らがJクラブのジャージを脱いだら、どの程度の指導者なのかな、と思うところがあります」

 海外へ出れば、育成には最も年期の入ったプロが携わる。彼我の違いを知るだけに、菅澤の忸怩たる思いが伝わってきた。

[プロフィール]
菅澤大我(すがさわ・たいが)

1974年6月30日生まれ。96年に自身が選手として所属した読売クラブ(現・東京V)ユースのコーチとなり、元日本代表FW森本貴幸、日本代表MF小林祐希ら多くの逸材を発掘し育てた。2005年限りで退団すると、その後は名古屋、京都、千葉、熊本とJクラブの下部組織コーチを歴任。18年になでしこリーグ2部のちふれASエルフェン埼玉の監督になると、昨季の皇后杯ではクラブ史上初のベスト4進出に導いた。(加部 究 / Kiwamu Kabe)加部 究
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記〜青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。