開幕スタメンデビューを飾ったサガン鳥栖DF森下龍矢

写真拡大

[2.22 J1第1節 川崎F0-0鳥栖 等々力]

 大卒ルーキーながらもリーグ戦の開幕スタメンに名を連ねた。今季、明治大からサガン鳥栖に加入したDF森下龍矢にとってのJ1リーグデビュー戦。悔しさを味わうことになったが、その視線は上にしか向けられていない。

 4-3-3の右SBに入った森下の対面には俊敏性に長け、ドリブル突破が持ち味のFW長谷川竜也が構える。さらにインサイドハーフの左に入るMF大島僚太、左SBのDF登里享平が絡んだコンビネーションの破壊力は抜群。後手に回るシーンが目立ったものの、最後の最後で体を張って簡単には決定機を作らせなかった。

 しかし、押し込まれる時間帯は続いた。その時、森下は感じた。川崎Fのレベルの高さを――。「彼らと違ったのは攻撃の部分。『止める、蹴る、見る』という3つのポイントが格段に違う。『今日の試合は頑張った』では片付けられないような差があった」。J1リーグを2連覇した経験を持つ強豪クラブの力を肌で感じることになった。

 さらに、大学時代にしのぎを削ったMF三笘薫(←筑波大)が後半20分に長谷川に代わって投入され、マッチアップすることに。しかし、「長谷川選手はどっちかというと連係の中でスピードを生かしてくるタイプだと思うけど、三笘はソロでスピードを生かして突破してくるタイプ」とタイプが異なる相手の対応に苦戦。「絶対に負けたくなかったけど、華麗にかわされた」と得点こそ許さなかったものの、大卒ルーキー対決でも「少し後手になってしまった」。

 スコアレスドローで試合を終えたが、課題が多く残ったJ1デビュー戦。「デビュー戦だけど、僕らしいデビュー戦になった。川崎さんをやっつけてやろうと思っていたけど、歯が立たなかった」と苦笑しつつも、「良い経験にしかならないし、今は前向き。絶対にこのデビュー戦を糧にして、川崎さんをホームに迎えたときは全然違う姿を見せたい」と力強く語った。

(取材・文 折戸岳彦)