IATA 新型肺炎で航空会社の減収は3兆円超に達する可能性を報告

ざっくり言うと

  • IATAは22日までに、新型肺炎の影響で航空会社が被る減収を試算した
  • 2020年においては、最大で約3兆2820億円に達する可能性があると報告
  • アジア太平洋地域での航空乗客の需要は、通年で13%程度失われるおそれも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x