故障者/神戸=藤谷 横浜FC=武田、L・ドミンゲス
出場停止/神戸=なし 横浜FC=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ1節
ヴィッセル神戸 ― 横浜FC
2月23日(日)/16:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴィッセル神戸
昨季成績(J1):8位 勝点47 14勝5分15敗 61得点・59失点
 
【最新チーム事情】
●19日の水原三星戦は1−0で勝利。昨季から公式戦8連勝中と波に乗る。
●その水原三星戦の前半にフェルマーレンが軽い怪我を負い途中交代。
●感染予防対策として、ホームスタジアムでのチャントなどの応援行為を当面禁止に。
 
【担当記者の視点】
 J1の開幕節となるが、緊張したムードはない。それもそのはず。2月8日の富士ゼロックス・スーパーカップをはじめ、ACLのジョホール、水原三星戦と、すでに公式戦3試合を消化しているのだ。しかも、その3試合はいずれも勝利。昨季から数えれば公式戦8連勝中と、チームには確かな勢いがある。

 心配なのは、その3試合で先発を続けているイニエスタとフェルマーレンのコンディション。イニエスタが35歳、フェルマーレンが34歳と無理の利かない年齢になってきていて、さらにフェルマーレンは2月19日のACL水原三星戦で太腿裏を痛めてもいる。いずれも先発はしても、フル出場はしないかもしれない。

 警戒したいのはサイド攻撃だ。スピードのあるサイドアタッカーを封じれるか。左サイドの酒井、右サイドの西の出来が勝敗に直結しそうだ。
 
J1リーグ1節
ヴィッセル神戸 ― 横浜FC
2月23日(日)/16:00/ノエビアスタジアム神戸

横浜FC
2019年成績(J2):2位 勝点79 23勝10分9敗 66得点・40失点

【最新チーム事情】
●ルヴァンカップ・広島戦は、0−2というスコア以上にJ1のレベルを痛感。
●完全非公開の練習を徹底し、リーグ開幕戦に備える。
●今年53歳を迎える三浦知良がメンバー入りする可能性は高い。
 
【担当記者の視点】
“TOP10入り”という目標を掲げて戦う今季、そのためにスタートダッシュは欠かせない。選手のネームバリューや、クラブ規模など何をとっても神戸が上回るのは明らかだが、2018年に柏でリーグ戦とACLを並行して戦った経験を持つ下平監督は、「やっぱり並行して戦うことの難しさはかなりあると思うので隙を突いていきたい」と勝機を見出そうとしている。

ルヴァンカップ・広島戦を欠場した伊野波と、C・ヨンアピンは練習には合流しているようだが状態は不透明。さらに神戸からレンタル移籍中の小林は出場不可と、CBの人選は読めない。ここの選択と出来がひとつのポイントになりそうだ。