独島(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【釜山聯合ニュース】韓国市民団体の「独島死守連合会」や「独島死守隊」などは22日午後、南部・釜山にある日本総領事館前で島根県の「竹島の日」を非難する声明を発表した。

 独島死守連合会のイ・サンフン会長は声明で「独島は国際法的に厳然たる韓国の領土。韓国が実効支配している」と強調。その上で、隣国である韓国と日本が「知恵と英知で国民に希望とビジョンを提示する、平和の国になるよう願う」とした。

 主催団体側は毎年、竹島の日を非難する集会などを開いている。だが今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イ氏が単独で声明を読み上げて集会の代わりとした。

 島根県は2005年、2月22日を竹島の日とする県条例を制定し、06年から毎年式典を開催している。