手倉森監督(左)のもと、新加入のルアン(右上)とフレイレ(右下)が攻守の軸となれるか。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 いよいよJ2リーグが2月23日の日曜日、第1節の全11試合が開催予定とされ、新シーズンの幕が上がる。毎年混迷を極めるJ1昇格争いを制するのはいったいどのチームか。現役時代は日本代表DFとして名を馳せ、監督時代には2018年、鹿児島のJ2昇格を実現させた三浦泰年氏に、今季の順位を予想してもらった。

●三浦泰年(元鹿児島監督ほか)
 各クラブとも昨季からの積み上げを考慮して予想。確固たる哲学を持つ指揮官のもと有力な助っ人を手に入れたV・ファーレン長崎、ジュビロ磐田が自動昇格枠に入ると見る。新監督を招聘し、毎年堅実な補強をするアルビレックス新潟も面白いチームだが、ブラジルからスペインへの路線変更がどう出るか。
 
●順位予想
1位:長崎
2位:磐田
―▲ J 1 自動昇格圏内―
3位:新潟
4位:金沢
5位:岡山
6位:北九州
−▲J1参入プレーオフ出場圏内−
7位:福岡
8位:京都
9位:大宮
10位:千葉
11位:甲府
12位:山形
13位:松本
14位:町田
15位:東京V
16位:徳島
17位:水戸
18位:山口
19位:琉球
20位:愛媛
−▼自動降格圏内―
21位:群馬
22位:栃木

『サッカーダイジェスト』2月27日号(2月13日発売)では、解説者11名、ライター11名、本誌記者によるJ1・J2リーグ順位予想を掲載。その他、J1・J2全40チームのスタメン大予想など、新シーズン開幕へ向けた特集企画を掲載しています。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部

【沖縄キャンプPHOTO】長崎1−0FC東京|開幕に向け激しくぶつかり合う!新戦力FW富樫のゴールで長崎が勝利!