【京都牝馬S】アルーシャ 藤沢和師「昨年はゴチャつく場面も」

写真拡大

京都牝馬ステークス
アルーシャ

 まだ重賞タイトルには手が届いていないアルーシャ(牝5、藤沢和)だが、昨秋には牡馬相手にオープン勝ちを果たしているように、牝馬限定の重賞ならば手が届いて不思議ない。久々のルメールとのコンビで初タイトル獲得となるか。

【フェブラリーS】枠順と見どころ インティは3枠5番

初タイトルなるか

 藤沢和調教師は「前走は大外枠ながら、最後は脚を使ってくれていた。昨年のこのレース(4着)ではゴチャつく場面もあったし、1年たってたくましさも出てきた。中間も順調だし、スムーズな競馬ができれば」と前向きに話した。