遂に開幕! 浦和が敵地で湘南下して白星発進…J1で初めてVARが発動

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第1節が21日に行われ、湘南ベルマーレと浦和レッズが対戦した。

 3年連続で金曜開幕となったJ1リーグ。湘南は今季新加入のタリクや古巣対戦となる石原直樹が先発入り。新たに4バックを採用した浦和は橋岡大樹、岩波拓也、鈴木大輔、山中亮輔が最終ラインに名を連ねた。

 試合は開始早々の7分に動く。左サイドでボールを受けた鈴木冬一がクロスを供給。中央で待ち構えていた石原直樹が頭で合わせて、ホームの湘南が先制に成功した。

 1点を追う浦和は39分、左サイドから汰木康也がグラウンダーのクロスを入れ、中央で興梠慎三が合わせる。シュートは湘南GK富居大樹の好セーブに弾かれるが、そのこぼれ玉を興梠が押し込み、同点に追いついた。さらに42分、山中のクロスをレオナルドが体勢を崩しながらも頭で流し込み、逆転に成功した。

 湘南は後半に入り65分、左サイドからのクロスボールを山田直輝が頭で叩き込み、試合を振り出しに戻した。72分、今季から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で浦和の鈴木にハンドの判定が下り、湘南がPKを獲得。しかし、タリクの放ったボールはクロスバーに阻まれ、ゴールとはならなかった。

 浦和は85分、関根貴大がドリブルで中央へ切り込み、左足を振り抜くと、ボールはネットを揺らし、再び勝ち越した。

 試合はこのまま2−3でタイムアップを迎え、浦和が勝利した。次節、湘南はアウェイで名古屋グランパスと、浦和はホームでサンフレッチェ広島と対戦する。

【スコア】
湘南ベルマーレ 2−3 浦和レッズ

【得点者】
1−0 7分 石原直樹(湘南ベルマーレ)
1−1 39分 興梠慎三(浦和レッズ)
1−2 42分 レオナルド(浦和レッズ)
2−2 65分 山田直輝(湘南ベルマーレ)
2−3 85分 関根貴大(浦和レッズ)