リバプールのユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

強すぎるリバプールに対して10歳の少年ファンが異例のお願い

 海外サッカー、イングランド1部プレミアリーグで首位を独走するリバプール。現在25勝1分けの快進撃で、2位のマンチェスター・シティに勝ち点22の差をつけている。優勝は確実という状況で、マンチェスター・ユナイテッドファンの10歳の少年が送った手紙と、それに対するユルゲン・クロップ監督の返事が面白いと話題を呼んでいる。英メディア「Give Me Sport」が報じている。

 歴史的な快進撃を繰り広げるリバプール。あまりに強すぎるために、マンUを愛する10歳のダラー少年はいてもたってもいられなかったようだ。同メディアは「リバプール監督のユルゲン・クロップ氏が10歳のマンUファンの少年に巧みなお返事」と題する記事で、一連の流れを報じている。

 記事では英紙「デイリー・メール」の報道を伝える形で、10歳の少年ファンが送った手紙を紹介している。

「ユルゲン・クロップ監督へ

 僕の名前はダラーです。ドネガルにあるグレンスウィリー・ナショナルスクール(アイルランド)に通っています。マンチェスター・ユナイテッドのファンなので、どうしても言いたいことがあって手紙を書いています。

 リバプールはあまりにも勝ちすぎです。あと9試合勝てば、イングランドのフットボール史上、最も負けなかったチームになります。ユナイテッドファンとしてはとても悲しいです。

 だから次の試合、選手には負けるように伝えてください。そして、相手チームにゴールさせるようにも言ってください。リーグ優勝を諦める、または別の試合で勝ってもらうことを納得してもらえらば良いのですが。 敬具」

 ダラー少年は実に丁寧な文体で、クロップ監督への思いを懸命に伝えている。

クロップ監督も真摯に対応「マンUは君みたいなファンを持って幸せだ」

 だが、話はここでは終わらないのだ。同メディアによると、クロップ監督は少年の願いにこそ応じなかったものの、返事を送ったという。

「ダラー君

 君のリバプールに負けて欲しいという気持ちと同じくらい、リバプールが勝つためにあらゆる手助けをすることが私の仕事なんだ。世界中に何百万人というリバプールファンがいて、彼らはリバプールに勝ってもらいたいと思っている。だから、落ち込ませるわけにはいかないのだよ。

 私から変わらないと言える確かなことは、君のフットボール、愛するクラブへの情熱だ。
マンチェスター・ユナイテッドは、君みたいなファンを持って幸せだ。

 私たちは強力なライバルであるが、他のクラブのことも心からリスペクトしている。これが、私にとって、フットボールというもののすべてなのだよ」

 ダラー少年に対するリスペクトも示しながら、負けられない理由を丁寧に説明しているのだ。

 少年ファンの異例の嘆願に対する、ドイツ人指揮官の真摯な対応が称賛の的となっているようだ。(THE ANSWER編集部)