フランクフルトMF鎌田大地(右)を同僚のMF長谷部が絶賛【写真:Getty Images】

写真拡大

ELザルツブルク戦で鎌田が殊勲のハットトリック「並外れていた」

 フランクフルトは現地時間20日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32第1戦でザルツブルクと対戦し、ホームで4-1と快勝。

 日本代表MF鎌田大地が見事なハットトリックを達成し、勝利の立役者となったが、同僚の元日本代表MF長谷部誠は“後輩”鎌田に対して惜しみない賛辞を送っている。ドイツ地元メディア「SGE4EVER.de」がコメントを紹介している。

 負傷で長期離脱を強いられていた鎌田だが、今月1日に行われたブンデスリーガ第20節デュッセルドルフ戦(1-1)で復帰。リーグ戦ではいまだノーゴールにとどまっているものの、ザルツブルク戦では主役の座を買って出ることになる。

 前半12分、ペナルティーエリア内でボールを受けた鎌田が相手GKの股を抜くシュートで先制点を決めると、同43分に力強いドリブルから左足のチップキックで追加点を奪った。後半8分には左サイドのクロスを頭で合わせてハットトリックを達成した。

 長谷部はアンカーとしてフル出場し勝利に貢献したが、試合後、鎌田に対してコメント。「今日3ゴールを決めたのが大地だから本当に嬉しい。最初の2ゴールは並外れていたね。3ゴール目はラッキーだったけど、彼は自信に満ちていた。彼は今日、何ができるのかを証明してくれた」と惜しみない賛辞を送っている。

 この日のハットトリックで鎌田は今季EL7試合で6得点と、欧州の舞台で圧倒的なパフォーマンスを披露している。“先輩”長谷部も鎌田の活躍に満足感を示していた。(Football ZONE web編集部)