故障者/川崎=中村 鳥栖=なし
出場停止/川崎=なし 鳥栖=なし  

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ1節
川崎フロンターレ―サガン鳥栖
2月22日(土)/15:00/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
昨季成績(J1):4位 勝点60 16勝12分6敗 57得点・34失点
 
【最新チーム事情】
●今季から4-3-3を導入。2月16日のルヴァンカップ・清水戦には5-1で快勝。
●昨季の開幕戦はホームでスコアレスドロー。しっかり勝ち切りたい。
●前線の並びは流動的。
 
【担当記者の視点】
 新たに4-3-3を採用し、得点力アップにまずまずの成果を出している。現に今季初の公式戦となったルヴァンカップ・清水戦にも5-1で快勝。FC東京と対戦した昨季のホームでの開幕戦はスコアレスドローだったが、しっかり勝ち切り、リーグ戦でも好発進したい。
 
 注目は豊富なタレントを抱える前線の並びだ。前述の清水戦では3トップは左から長谷川、L・ダミアン、宮代(U-21枠/ルヴァンカップでは2020年12月31日において満年齢21歳以下の日本国籍選手を1名以上先発に含めなくてはいけない)の並びだったが、今節は家長、旗手、小林らがスタメンに割って入るか。それぞれ能力の高い選手だけに化学反応にも期待したい。
 
J1リーグ1節
川崎フロンターレ ― サガン鳥栖
2月22日(土)/15:00/等々力陸上競技場
 
サガン鳥栖
昨季成績(J1):15位 勝点36  10勝6分18敗 32得点・53失点
 
【最新チーム事情】
●今季はスタートから金監督が指揮。新システム4-3-3を導入。
●大幅に選手を入れ替えつつ、攻撃的なスタイルへ転換。
●キャプテンの小林は「キャリアの集大成となるようなシーズンに」と決意。
 
【担当記者の視点】
 昨季、一昨季とシーズン途中での登板となった金監督が、今季はスタートから指揮を執る。多くの選手が入れ替わったなか、指揮官は「昨年の通りでは戦えない」と語る一方で、4-3-3を導入し、自らのスタイルである攻撃的なサッカーをチームに根付かせようとしている。
 
 もっともJ1では実績の少ない選手もいるだけに、状況によっては臨機応変な試合運びも必要になるだろう。その点を踏まえると開幕戦の川崎戦では真っ向勝負を挑むのか、非常に興味深いポイントとなる。
 
 また今季、キャプテンを務める小林は「キャリアの集大成となるようなシーズンに」と決意を口にする。このリーダーの背中を見た若い選手たちがどれだけ成長できるかも楽しみだ。