夜ふかしする子どもは肥満になる傾向が強い スウェーデンで研究

ざっくり言うと

  • スウェーデンの専門家らが、子どもを対象に肥満に関する研究を実施した
  • 国内の子ども107人が1歳から6歳になるまで、体重と身長、胴囲を計測
  • すると夜遅くまで起きている子どもは肥満になる傾向が強いと判明したそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x