青森山田高のMF松木玖生らが選出された

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は21日、今月26日から29日にかけて鹿児島県で開催される『JENESYS2019 青少年サッカー交流大会』に参加するU-17日本代表のメンバーを発表した。

 同代表は26日の第1戦で鹿児島県高校選抜U-18、27日の第2戦でU-19ラオス代表、28日の第3戦でU-17マレーシア代表と対戦。そして29日に順位決定戦が行われる予定となっている。

以下、U-17日本代表メンバー

■スタッフ

▽監督

船越優蔵

▽コーチ

城和憲

▽GKコーチ

前田信弘

▽コンディショニングコーチ

小粥智浩

■選手

▽GK

12 黒川雷平(愛媛U-18)

1 高橋一平(神戸U-18)

▽DF

3 諏訪間幸成(横浜FMユース)

18 波本頼(金沢U-18)

2 工藤孝太(浦和ユース)

15 松田隼風(JFAアカデミー福島U18)

4 屋敷優成(大分U-18)

14 チェイス・アンリ(尚志高)

▽MF

5 青木俊輔(東福岡高)

17 東廉(清水ユース)

6 豊田晃大(名古屋U-18)

7 松木玖生(青森山田高)

8 安田虎士朗(FC東京U-18)

13 藤原健介(磐田U-18)

▽FW

10 勝島新之助(京都U-18)

9 原直生(湘南U-18)

11 真家英嵩(柏U-18)