真の意味でクラブの中心に--バンディエラへの道を歩む湘南・齊藤未月が見据える2020年

写真拡大

 プロデビューから早4年。21歳という若さながら、すでにクラブの顔になりつつある。湘南ベルマーレの齊藤未月は、2020年もジュニア時代から慣れ親しんだライトグリーンのユニフォームを身にまとう。しかし、今年は心なしか顔つきが一味違うように見えた。副キャプテンとなり、自覚と渇望が芽生えた彼は、東京オリンピックとその先を見据えている。

インタビュー・文=生駒 奨
写真=武藤仁史

--今日は2020 Jリーグ キックオフカンファレンスの会場でインタビューを実施しています。会場に来てみて、開幕への実感が湧いてきましたか?

齊藤未月(以下齊藤) オリンピック世代の選手がたくさん来ているので、顔を合わせて改めて刺激を受けましたし、もちろん開幕に意気込む気持ちはあります。それに加えて、こういう大きい場所にたくさんの人が来て、開幕に向けたイベントを大々的な形でやる。Jリーグが日本で最も人気があるスポーツのひとつなんだなと実感できています。

--本当ですね。それでは、今シーズンのチームについて聞かせてください。湘南はスペインでキャンプを行っていました。どのような手応えを感じていますか?

齊藤 僕らは2週間弱をスペインで過ごして、5試合を消化しました。他のクラブより試合数をこなしていると思うので、ゲーム体力をつけたりゲーム勘を鍛えたりといった部分や、戦術のすり合わせはしっかりできていると思います。新しい選手もたくさん入ってきましたが、彼らとの連携の構築も他のチームよりできてるんじゃないかなと思います。

--国内でキャンプを実施した他クラブと違い、湘南は練習試合でスペインのチームと対戦しました。その中でどんなものが得られましたか?

齊藤 ヨーロッパはウィンターブレイクがあって、そこでキャンプをしているチームが多いんです。シンプルに僕らが戦った相手はまだシーズン中。そういったコンディションのいい相手と試合ができたというのは大きかったです。相手は後半戦に向けた最終調整という意味で、本気でぶつかってきてくれました。海外の選手は強度が高いので、彼らと競ることで体に負荷をかけて鍛えることができました。フィジカルはかなり仕上がっています。

--キャンプを通じて、チーム全体の仕上がり具合をどう感じていますか?

齊藤 新しいチームになっているので、初めから全部うまくいくとは思っていません。公式戦が始まってみないと分からない部分も多い。でも、手応えは感じられている。いい感触でプレーできるんじゃないかなと思っています。

--昨シーズンはJ1参入プレーオフをドローで終え、ギリギリでのJ1残留となりました。それを踏まえて、今季の目標や、その目標のために必要となることを教えてください。

齊藤 去年はいろいろなことがあって、降格してしまってもおかしくないと思っていました。それでも最後まで戦って、J1に残ることができた。そこに一番達成感がありましたし、最低限のミッションをクリアできたと感じています。今年はそれを繰り返してはいけません。高い順位を取るためには、得点が大事になってくると思っています。僕らは去年、枠内シュート率がリーグで最下位でした。それは監督からも「必ず改善しなければならない部分」として挙げられています。ゴールを決める、得点から逆算したプレーを増やすということが大事だと思います。

--ご自身は2018年シーズン、2019年シーズンと続けてリーグ戦で1得点。得点意識は上げていきたいですか?

齊藤 間違いないです。僕自身、今シーズンは5得点5アシストを最低限の目標にしています。それはチームのために、というのもそうだし、僕の成長のためにも必ず必要になってくる数字だと思います。意識して取り組んでいきたいです。