時代遅れかも…!やりがち女子続出「NGアイライン」4選

写真拡大

アイラインを引くのが、結構難しいと感じていませんか?
実は、意外と間違ってアイラインを引いている方が多くいらっしゃるのです。
時代遅れにならないためにも、NGアイラインをしっかり把握しましょう。

(1)がっつり囲み目アイラインはNG


囲み目のアイラインは、目元をハッキリと見せてくれます。
しかし、がっつりと描き込んだ囲み目のアイラインはNGです。

特に目元にあまりにもハッキリとしたアイラインを引いてしまうと、浮いてしまいます。
かえって目を小さく見せてしまうので、注意した方がいいメイクです。
また、下まぶたのアイラインもしっかり引いてしまうと、怖い印象になります。

(2)つけまつ毛もやりすぎはNG


まつ毛のボリュームを出すために、つけまつ毛をされる方も多いでしょう。
しかしながら、これをやりすぎている大人女子が多いのも事実。
つけまつ毛は、まぶたから浮いていると、つけているのがバレバレになってしまいます。

このような場合は、できるだけナチュラルなものを選ぶといいでしょう。
同時に、まつ毛エクステも、長すぎないようすると、かわいいメイクが完成します。

(3)大粒のラメシャドウの使いすぎはNG


きらびやかな、目元を演出してくれるラメシャドウも結構注意が必要です。
ラメ入りのシャドウを使うと、くすみを飛ばせるメリットがあるので使いたくなります。

ですが、ラメの粒子が荒いと、余計にしわを目立たせてしまい、よくありません。
また、全体的に安っぽい印象になりがちです。
よって、大粒のラメは避けて、できるだけ粒子の細かいラメを選ぶようにしてください。

(4)逆に手を抜きすぎなアイメイクもNG


ナチュラルメイクが流行っていますが、手を抜きすぎるのには注意しましょう。
メイクをやらなすぎると、ナチュラルを通り越して、老けた印象になってしまうのです。

例えば、時間がなくても、ビューラーでまつ毛を持ち上げるだけはしましょう。
また、これにプラスして、マスカラを塗るようにすれば、手を抜いた印象に見えません。
適度にメイクすれば、目元がハッキリしてかわいい印象を持ってもらえるでしょう。

いかがでしたか?
今回は思わずやってしまう「NGアイライン」を紹介しました。
何事もやりすぎはNGなので、適度なアイメイクを心がけるといいでしょう。

(liBae編集部)