東京メトロ(東京地下鉄)とメトロコマースは、半蔵門線大手町駅に生鮮宅配ボックス「マートステーション」を2月27日より設置することを発表した。

設置イメージ(同社資料より)

「マートステーション」はクックパッドが運営する生鮮食品EC「クックパッドマート」で注文した食材を受け取る生鮮宅配ボックス。アプリで厳選生鮮食品を注文、ボックスで受け取れる仕組みを提供する。

iOS&Android対応の専用アプリで受け取り場所、購入商品、受け取る日を選択。事前にアプリで登録したクレジットカードで決済を行うため駅構内での支払いは発生せず、通勤通学先の最寄りから自宅の最寄りのボックスで生鮮食品を受け取るだけというスマートなお買い物も可能だ。

アプリからの流れ(同社資料より)

クックパッドマート(公式サイト)

東京メトロは、鉄道会社としては初となるこの「マートステーション」の設置を発表。2月27日の半蔵門生大手町駅への設置を皮切りに順次拡大する予定だ。なお大手町駅での設置箇所は以下の図のとおり。受け取り可能時間は始発〜23時、当日8時までの注文で当日17時〜の受け取りが可能。

大手町駅内での設置箇所